ビジネスホテルをサテライトオフィス化するメリット

ビジネスホテルのサテライトオフィス化に活路

コロナ禍においてホテル業界は非常に厳しい経営が続いています。観光地での宿泊需要が激減しているため、廃業を検討するホテルや旅館も増えてきています。

 

県外の移動は旅行だけではありません。出張自体も軒並み自粛状態です。

 

テレワークにより県外とのやりとりもZoomなどのWEB会議で簡単にできることがわかってしまったので、出張自体が今後も少なるのではないかと予想されます。

新しい生活様式では出張が激減する

もともと海外との商談もインターネット会議を通じて行っていたので、国内でできない理由がありません。

 

人のよっては地方への出張を好んでいる場合もありますが、新しい生活様式には適さない業務の一つになっていくでしょう。

 

そうなると出張の際に利用していたビジネスホテル関連の利用も解除後、すぐに戻るとは思えません。

 

今、一部のビジネスホテルにおいて、宿泊以外の利用としてサテライトオフィス化して営業を開始しているところが出てきました。

サテライトオフィスとしてのメリット

実際にビジネスホテルをサテライトオフィスとして利用するにはメリットがあります。

ビジネスホテルでのサテライトオフィス化のメリット
  • 完全に個室として利用できる
  • テレビをモニター利用できる
  • トイレ、バスも完備している
  • 疲れたときはベットを利用できる
  • wifi回線の充実している
  • ラウンジが利用できる
  • 会議室も利用できる(ビジネスホテルによる)

同じ個室でもカラオケボックスで仕事をすることも可能ですが、3密状態と設備面においてはビジネスホテルのほうがメリットがあります。

 

またビジネスホテル自体が駅近くにあるなどロケーションも良くアクセスにも有利です。

 

最近では新宿、渋谷といった主要ターミナル駅以外にも開業しているところもあり、自宅近くで利用できる場合もあります。

本格的に普及させるのであれば定額制

家庭でもできるが、家族の関係で近くのオフィスで集中して仕事をしたいというサラリーマンなどにはニーズがあるかもしれません。

 

在宅での勤務を推奨している企業が多くありますが、インターネット環境やセキュリティ面での課題が多くあります。

 

サテライトオフィスやコワーキングスペースによる業務は、今後増えていくと予想されます。

 

ビジネスホテルでのサテライトオフィス化は非常にメリットがあります。

 

スポーツジムのように月額定額制もしくはチケット制にしてもらえると利用者は増えていくのではないかと思います。

 

全国チェーン展開をしているビジネスホテルであれば、どのホテルでも日中は利用できるような条件であれば尚良いと思います。

>>TVCMで話題の【ココナラ】いまから出来る副業のノウハウがたくさん!

あわせて読みたい
アフターコロナで企業に必要なのは「テレワーク」「週休3日」「副業」 アフターコロナで企業に必要なのは「テレワーク」「週休3日」「副業」 テレワークがわかった「第三の居場所」が必要性 テレワークがわかった「第三の居場所」が必要性