最初の不動産投資物件は「儲かる」より「損しない」物件を購入すべき

副業をしないのはリスク

不動産投資をするのであれば、潤沢にキャッシュフローを得られるようなアパートやマンションを購入して「成功」したいと誰もが思います。

そのために少しでも良い物件を買うために、不動産投資サイトで物件をみたり、不動産会社に問い合わせをしたりして情報を収集します。

しかし「掘り出しもの」のような「お得な物件」は早々めぐりあうことはありません。

投資用物件の基準に惑わされない

まだ物件を購入していない初心者の方は、不動産投資関連の書籍を読んだり、有名不動産投資家のブログを参考に物件の基準というものをイメージしていると思います。

よくある不動産投資の物件基準
  • 利回りは、10%以上ないとダメ
  • 地方の築古アパートが不動産投資の王道
  • 駅から5分以内は購入に値しない

しかしそのような基準を前に、いざ調べてみてもそのような物件は、初心者ではまずみつかりません。

それはなぜでしょうか。

それは「絶対に勝てる物件」ばかり選んでいるからになります。

「絶対に勝てる物件」とは、短期間でキャッシュフローを得ることができる「儲かる物件」です。

サラリーマンであれば、あわよくば「セミリタイヤ」を目指す物件なのです。

ただし「空室が多い」や「地方で問題が起きてもすぐには行けない」など、購入してからの難易度もある物件だとも言えます。

これらは、サラリーマンで初心者の不動産投資家には難しい物件でもあります。

「絶対に勝てる物件」は簡単には見つからない

どうしても短期間で「セミリタイヤ」がしたいのだと思っているのであれば、努力が必要になります。

不動産会社とのパイプもつくり、場合によっては専門のコンサルティングの方に相談しながら「絶対に勝てる物件」を目指すような道を歩んでいくしかありません。

インターネットの不動産投資サイトで物件を探しても簡単には見つからない物件なのです。

「負けない不動産物件」とは何か

「絶対に勝てる物件(儲かる物件)」ではなく、初心者の方には「負けない物件」を購入することが大事なのではないかと思います。

「負けない物件」とは「キャッシュフローは、それほど多くなくでも、確実に返済して資産化できる物件」です。

つまり「長期戦に耐えれる物件」です。

目先のキャッシュフローにとらわれすぎて、利回り優先の物件探しでは中々始めることができません。

むしろ返済した暁には、確実に資産化されて、賃料全額が所得になる物件のほうが、安定的かつ堅実な不動産投資になります。

絶対に勝てる物件はプロ専用の物件

「絶対に勝てる物件(儲かる物件)」は専業の不動産投資家ではないと購入できません。

おそらく中古でも空室が多く、メンテナンスや修繕が必要な物件が対象になります。

サラリーマンであれば、まず対応する時間がありませんので負担が大きいです。

入居付けできる不動産物件にするには、知識とお金が必要になります。

物件の見極めができていないと格安の中古物件を買っても、修繕費用などで購入金額以上のコストがかかる場合もあります。

あと売却前提の物件を購入するのもおすすめしません。

もともと不動産は流動性がなく換金するのが、他の金融投資と比較しても不利な点があります。

初心者は絶対に「長期戦での資産形成」

不動産会社からも売却前提で購入をすすめることもあります。

しかし思いのほか税金や借入をしている金融機関の支払い(違約金など)がかかり売却益が出ない可能性があります。

プロの不動産事業をしているならまだしも、数棟しか買えないかつ本業が忙しいサラリーマン大家には難易度のある手法だと思います。

「負けない不動産物件」を購入することができれば、返済も着実にできれば金融機関の評価もあがります。

そうなれば次の融資へもつながっていきます。

初心者でも基本は「長期戦での資産形成」を前提に不動産を購入することが望ましいです。

>>【不動産投資ローン】の借り換えならモゲチェック 今なら特別金利実施中!

あわせて読みたい
資産形成のためのアパート 資産形成だけのために新築アパート購入する人が増えている 不動産投資ができるのは「貯蓄力」と「信用力」がある人 不動産投資ができるのは「貯蓄力」と「信用力」がある人