「新築アパート+アパートローン」が現在、最強の組み合わせ?

新築アパートを購入する際に融資が必要です。

融資には大きく大別して、個人向けの「アパートローン」と事業者向けの「プロパー(融資)」があります。
※すべての金融機関が「アパートローン」をホームページで公開

新築アパート会社が物件とセットに案内しているのが「アパートローン」 になります。
一般住宅を購入する際の「住宅ローン」と同じく各金融機関が販売している融資商品です。

一般的は、プロパーのほうが 事業者(個人の場合も含む)向けのオーダーメイド型商品になり
融資条件も基準があるアパートローンとは異なり、低金利、長期間など優遇されます。

ただしすべての方がこのプロパーが使えるわけではありません。

・借入状況
・物件(耐用年数)
・個人属性
・資産状況
・保有不動産の実績
・頭金
など

各金融機関が定める条件をクリアしていないと利用できないのです。

必然的に不動産投資の初心者の場合は、個人向けのアパートローンの一択になるかと思います。

私が不動産投資を始めたころ(4年前の中古区分マンション)のときは、ノンバンクか政府系金融機関、特定の地方銀行を案内されるくらいで、金利も高く、融資期間も短いものが大半でした。

最近は、地方の有力銀行なども参入して、良い条件のものが増えてきています。

新築アパートの場合は、頭金にもよりますが、金利も1~2%台で融資を受けることができます。
また、中古アパートと違って長期間で借入がしやすく、従来の木造アパートの耐久年数の22年ではなく、30年、35年と長期間も可能です。
※35年も持つのかと思いますが、昔の木造アパートとは違って、最近の新築アパートの仕様によっては十分に耐久性があります。

「新築アパート+アパートローン」の組み合わせは、現在の初心者が参入しやすい最強の組み合わせかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする