サラリーマンが最初にやってはいけない副業

不動産投資で間違った行動

年末が近づき今年を振り返りつつも、来年の抱負を考える機会にもなっているのではないでしょうか。「家庭のこと」「仕事のこと」「健康のこと」などを見つめなおす良い機会だと思います。

 

周りの人と話すと「副業を始めた」という言葉がよく出てきた年 でもありました。

 

生活するうえでは「お金」は必要です。「お金」を多く得るためには、まずは年収を上げるしかありません。しかし現実的には簡単ではありません。

  • 給与が思ったより増えない
  • 会社の業績が思わしくなくボーナスが増えない
  • 転職をしたが年収は上がらなかった

本業では悲観的な話を聞く一方で、「副業」を始めることで生活が改善した人もいます。

  • お小遣い程度を稼ぐことができた
  • 同じ金額で年収を上げるなら数年かかる
  • 本業に対するストレスがなくなった

「副業」に対するプラスの多い意見が目立つ年でもありました。企業も前向きに「副業」を容認する動きなっています。しかし注意しないといけないのは、どんな副業でも良いとは限りません。

 

特に「楽して儲かる」系にはリスクがあります。逆に「損をする」「ストレスが溜まる」といった結果になる場合があるので注意が必要です。 

 

やってはいけないサラリーマンの副業は

副業にもいろいろな種類があります。「時間単位で働くことで収入を得る副業」から「不労所得と呼ばれる運用系の副業」など様々です。

 

副業として仕事をするうえで、時給で収入を得るスタイルは避けたほうが無難です。時間的な制限があるようなアルバイトは、逆にストレスを貯めることになります。

やってはいけない時間単位で働く副業
  • コンビニでのバイト
  • 居酒屋などの飲食業
  • 警備員
  • テレフォンオペレーター
  • 新聞配達

一方で運用系の副業は難易度が高く、間違った選択をすると損をすることが往々にしてありえます。

FXの自動売買ツール

FX(Foreign Exchange)の自動売買ツールによる副業は、簡単には儲かりません。むしろ損失している人のほうが多いのではないかと思います。

 

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」です。海外の通貨を売買して、その差益でお金を稼ぐことができる金融サービスです。

 

FXは専門知識も多く求められるので、初心者は難しいジャンルの投資です。そのハードルを下げてくれて自動で通貨売買を運用してくれるのが「自動売買ツール」です。

 

インターネットなどで「FX自動売買ツール」を調べるとオンライン上で高額で販売されています。しかし初期投資だけで利益を出しつづけるツールなんて存在しません

 

FXも状況は変化し続けていきます。条件によってツールが更新していかないといけないのですが、対応をしてくれない限りは勝ち続けることは難しいジャンルです。

 

FX自体は否定しませんが、自動売買ツールで儲かるもではありませんので手を出すべきではない代表格です。

 

新築ワンルームマンション

新築ワンルームマンションの不動産投資は運用系の副業です。不動産投資の営業電話でかかってきたり、資産運用セミナーと称して案内している不動産で、やってはいけない副業の一つです。

 

不動産投資自体は、多額のお金が必要なためリスクがありますが、家賃収入というリターンがあります。

 

しかし対象の不動産によっては、リターンが見込めないものがあります。その代表的な不動産が「新築ワンルームマンション」です。

 

マンションの一室を購入し、賃貸として貸し出すことで家賃収入を得る方法ですが、儲かるのは開発したデベロッパーと販売営業をしている会社のみです。

 

「新築で都内だから入居に困らないし、ラクに稼げそう」とつい始めてしまう人が多いようですが、簡単なものではありません。

 

運用系副業は要注意

運用系副業は「お金」がかかります。資金がないと出来ないことが多いのでリスクを理解した上でなければ始めてはいけません。

 

「ラクして儲かる」系は詐欺まがいなこともあるので、始める前には最低限の知識を得ることや口コミなどでも調べることは必須です。

注意が必要な運用系副業
  • 株式投資
  • 仮想通貨
  • バイナリーオプション
  • ロボアドバイザー投資
  • カーシェアリング
  • シェアハウス
  • 転売

それでも「副業」全般は悪いことではありません。

 

自分の可能性やスキルアップにつながることであれば、最初から儲からなくても始めて続けることで身になることが多いと思います。

 

時間に余裕のない方でも1日30分~1時間は確保しつつ「副業」を始めてみることをお勧めします。

 

それでも「運用系副業」をしたい

運用系副業は「不労所得」とも呼ばれることもあり、本業の忙しいサラリーマンであれば憧れを抱くのも無理はありません。

 

大きく儲かりはしませんが、大きな損失をしないという点では「中古ワンルームマンション投資」も選択肢の一つです。

中古ワンルームマンション投資のメリット
  • ローリスクの金融商品より数百倍の高利回り
  • 中古物件は新築の7割以下の価格で購入できる
  • 「ワンルームタイプ」であればメンテナンスコストが掛からない
  • 東京都内であれば、空室リスクも少ない

はじめて「不動産投資」をするのであれば、中古ワンルームマンションであれば銀行から融資を受けて始めることが比較的ハードルが低いのも特徴です。

 

中古ワンルームマンションに限っていえば、関連する書籍も多く出ていますので参考にしてみるのも良いかもしれません。

 

少しでも興味を持っているなら、実際のセミナーに参加することもおすすめします。実際の「不動産物件」を紹介しているので、「運用系副業」に合う合わないが実感できると思います。

 

中古ワンルームマンションであれば、どこの不動産会社でも良いというわけではありません。

 

東京都内の中古ワンルームマンション専門の不動産会社は数社有名なところがあります。初心者にもやさしく説明してくれる会社であれば「日本財託」が良いと思います。

 

私も実際にセミナーに何度か参加してことがありますが、老若男女問わず多くの方が参加しているので安心して受けることができます。

 

管理会社として立ち上げた会社なので、無理な営業スタイルではありません。セミナーなどで名前、住所、連絡先を記載しますが、一切、営業電話がありません。

 

反響営業だけで経営ができるということもあり、業界的にも安定感のある堅実な不動産会社です。

 

信頼できる会社ですから、興味のある方はセミナーに参加しても良いと思います。都内中心に開催されていますが、西新宿にて50名程度のセミナーを毎月開催されています。

 

土日は家族サービスなどで難しい方は、平日の夜でもほぼ毎日開催しています。こちらのほうが1on1なので、じっくり話を聞いて質問するこができます。(無理やり購入するような不動産会社ではありません)

>>TVCMで話題の【ココナラ】いまから出来る副業のノウハウがたくさん!

あわせて読みたい
サラリーマンを辞めるのは「絶対にもったいない」理由 「不動産投資」を始めて「何も変わらない生活」がベスト 「在宅勤務」で余裕がでた時間を活かして月1万円の副業をする