「大阪」が世界の不動産会社から注目されている理由

「大阪」が世界の不動産会社から注目されている理由

世界は依然として新型コロナウイルス感染が蔓延していますが、ロックダウン対策も行わずに緊急事態宣言解除を行った日本を評価されています。

 

島国である地理的な利点もありますが、自粛を受け入れることのできる国民性や整備された医療施設なども評価として挙げられています。

 

特に都市圏での評価として「大阪」の価値が高くあがっています。

大阪でのビジネスチャンスが注目

大阪は早くから吉村知事による独自の施策で感染拡大を抑えたことが評価につながっています。

 

自粛規制を解除した今でも新規感染者はゼロが続いています。しばらくは不可能と思われていたUSJを来週再開できたことは、大阪府民の危機意識と絶え間ない努力の結果だと思います。

 

さらに、2025年の万博が開催されます。これからイベントや開発が目白押しの大阪周辺はビジネスチャンスにあふれているです。

世界の不動産投資会社が注目する「大阪」

今はコロナ禍により来日客が激減していますが、大阪を中心とした関西圏は「京都」「神戸」などの観光地にもアクセスが良く、世界の旅行者からみても人気のエリアです。

 

必然的に大阪の居住価値が高くなり、不動産業界においても注目をされていました。

 

米国総合不動産サービスのJLL(ジョーンズ ラング ラサール)が、2019年4月に発表した「都市活力ランキング」によると、ホテルやオフィスなどの商業用不動産のカテゴリーの勢いにおいて、大阪は世界131都市中、堂々の1位にランキングされているのです。

 

世界中の不動産ファンドから「関西で不動産投資をしたい」という動きが年々強まっているのです。

「大阪」で不動産投資をするメリット

大阪は都市圏として東京と比較されますが、不動産投資としてのメリットはどうでしょうか。

「大阪」で不動産投資をするメリット
  • 土地価格の上昇期待
  • 融資できる金融機関が多い
  • 大阪の地域特性が強い

土地価格の上昇期待

先ほどの世界ランキングにもあるように大阪では商業施設の売上が著しく上昇しています。

 

食文化のある大阪はコストパフォーマンスの高い飲食店が充実しています。

 

繁華街でのホテル数も多く今後も期待できます。そして2025年の大阪万博が起爆剤となりさらなる発展が期待できるため不動産価格が上昇傾向です。

融資できる金融機関が多い

不動産投資に必要な融資ですが、大阪も独自で展開している金融機関が多いことで有名です。

 

関西だけでなく西日本にある名だたる金融機関も大阪に支店を構えるなど充実しています。

 

金融機関の規模もメガバンクのようなものではなく、中規模なものが多いのも特徴です。各金融機関の競争も激しいので、好条件での融資も期待できます。

大阪の地域特性が強い

大阪はエリアの特性がはっきりしています。

 

大阪市の面積は約225平方キロメートルでそれほど広い土地ではありません。

 

繁華街が集まる大阪の北部は梅田のある「キタ」、心斎橋・難波の「ミナミ」と呼ばれるエリアで人気があります。

 

また近年ではJR大阪環状線の東部の主要な駅がアクセスにもよく住居エリアとして人気になっています。

アパート投資できる土地が少ない「大阪」

しかし、大阪は東京と比べても土地面積が小さい地域です。

 

以前、大阪近郊で新築アパートを検討したのですが、土地が高いわりには家賃が東京ほど高くないため、不動産投資としても利回り高くなく、購入を諦めたことがあります。

 

今の現状ではアパートより中古マンションで堅実に投資していくのが良いではないかと思います。

 

また独特の長屋文化があります。長屋をリフォームして不動産投資をしている人も増えてきているようです。

 

不動産投資も東京に一極集中しがちですが、今後は大阪での不動産投資人気が高まりそうです。

>>【不動産投資ローン】の借り換えならモゲチェック 今なら特別金利実施中!

あわせて読みたい
資産形成のためのアパート コロナ禍だからこそ不動産投資を考える人が増えている 不動産投資はキャッシュフロー300万円を目標にする サラリーマンの不動産投資はキャッシュフロー300万円で十分