東京オリンピック期間の民泊料金「1泊45万円」

来年の東京オリンピックの宿泊状況が異常になりつつあります。宿泊予約サイト「ブッキングドットコム」では、四ツ谷駅から徒歩10分のアパートの一室を利用した民泊は45万円と超高額で設定されたということです。

東京五輪・パラリンピック期間中の首都圏の宿泊施設の料金がすでに高騰し始めている。宿泊予約サイト「ブッキングドットコム」で、開会式が開催される2020年7月24~25日の都心部の宿泊施設を調べると、軒並み通常時よりも高い料金だった。10万円を超える民泊も多く、東京・四ツ谷駅から徒歩10分のアパートの一室を利用した民泊は45万円だった。通常は2万円程度の部屋だ。

引用:日経ビジネス

東京オリンピックのチケットも入手が困難で、チケット自体が通常のプロスポーツ試合からみても非常に高い金額で設定されています。

 

東京オリンピックはアマチュアスポーツの祭典といいつつも、楽しむには価格があまりにも高い状況です。富裕層でしか楽しめないイベントになっていきそうで魅力がなくなってきます。

 

すでに国内旅行も予約がいっぱい

東京オリンピック開催期間は、価格が高騰することから敢えて東京から出る人が増えているようです。すでに沖縄などの観光地は予約でいっぱいとのことです。

 

また北海道の札幌市内はマラソン開催もあることから、さらに混雑が予測されます。

 

これもオリンピック特需かもしれませんが、交通機関なども含めて一時的に都市機能が滞ってしまう予感がします。

 

「民泊」特需の反動が怖い

一泊45万円はさすがに高いと思いますが、都内の民泊施設は通常期より数倍で設定されることが予想されます。

 

それでも泊まる場所が必要な人にとっては避けられない選択肢になります。高額で宿泊を提供することができるので、現在民泊オーナーの視点からであれば高い「利回り」が獲得できるので積極的に広告費などを投資をしてくると思います。

 

オリンピック後の反動も大きいはずなので、金融機関への返済など収支計画を立てているのであれば、得たキャッシュは浪費しないで繰り上げ返済や再投資を行うべきだと思います。