仮想通貨やソーシャルレンディングなど歴史の浅い投資はリスクが高い

仮想通貨やソーシャルレンディングなど歴史の浅い投資はリスクが高い

お金の不安をなくすためには「稼ぐ力」「貯める力」「増やす力」などのスキルをバランスよく身につけることが必要です。

これらのスキルを正しく理解してスキルアップをすることで、将来的にも安定したお金を維持することができます。

しかし「増やす力」では何で増やすかがポイントになります。

選択した内容によっては、損をする可能性があるからです。

特に歴史の浅い投資商品である仮想通貨やソーシャルレンディングなどは、投資初心者には損失リスクが高いです。

「増やす力」を持つには「稼ぐ力」と「貯める力」が必要です。

「稼ぐ力」で生活が安定する

「稼ぐ力」はサラリーマンの給与所得や副業による事業所得などが挙げられます。

特に「給与所得」は毎月定期的に収入が入るという点では安定感があります。

さらに最近では「副業」ができる企業が増えてきています。

月に3万円、5万円と稼げることができるようになれば生活に余裕が出てきます。

テレワークで通勤時間がなくなったサラリーマンであれば、さらに実行しやすい環境が整ったと言えます。

「稼ぐ力」の選択肢が増えたことで経済的な安定力が増していきます。

「貯める力」で投資の資金をつくる

将来を見据えて貯金を意識する人は増えています。

「生活防衛資金」という形で給料の半年分〜1年分を目標に貯めることができれば、生活する上での安心感が出てきます。

「生活防衛資金」が貯めることができれば、今度は「投資」のためにお金を貯めることを意識しても良いかと思います。

貯金の大半は銀行に普通預金や定期預金で貯めている人が大半かと思います。

残念ながら今の銀行預金ではお金を増やすことができません。

投資などでお金を増やすことができれば、定期的にお金を引出しても維持することができます。

投資をするためのまとまったお金(頭金)が必要です。

「増やす力」でお金に働かせる

「お金を増やす」は基本的には「投資」です。

「投資」を実行しないことには「お金を増やすこと」ができません。

「投資」には様々な種類がありますので、選択することで結果が大きく変わってきます。

一般的には長期的に安定した運用益がある商品が望ましいと思います。

その判断基準としては「歴史がある」ということです。

長きに渡り支持されている投資商品は、安定感があります。

逆にまだ短期間で価格の浮き沈みが激しい投資商品はリスクが高いとも言えます。

長期間維持できている投資商品としては「株式投資」「不動産投資」「金投資」などが挙げられます。

これらは不変の安定した歴史があります初心者に向いている投資商品とも言えます。

インターネットで開発された投資商品には注意

インターネットの普及により投資商品が手軽に企画、販売されるようになりました。

また利用者もスマホやパソコンを通じて利用できるようになります。

スピードとスケールで多くのお金が瞬時に動くような投資商品でもあります。

全てが悪いとは言い切れませんが、歴史の浅い投資商品は仕組みも難しくまだ評価するには難しい状態かと思います。

特に初心者が多額に儲かるとして飛びつくような商品ではないかと思います。

利回りだけが先行して、商品の仕組みを理解できないのであれば、積極的に投資は避けるべきだと思います。

>>TVCMで話題の【ココナラ】いまから出来る副業のノウハウがたくさん!

あわせて読みたい
100室あってもアーリーリタイヤできない サラリーマン投資家で100室所有してもリタイヤできない理由 不動産投資初心者が悪徳不動産業者に騙されないポイント 不動産投資初心者が悪徳不動産業者を見分けるための4つのポイント