年収800万円で「幸せ」になれるのか

年収800万円で「幸せ」になれるのか

「お金があればあるほど幸せ」と一般的には考えられています。「お金」があれば大抵のことは実現できると思うからです。

 

生活するうえでも年収1,000万円の人のほうが年収500万円の人より余裕をもって暮らせますので、幸福と感じる人も多いと思います。

 

「住まい」「衣服」「食事」「教育」「車」などお金があれば購入、体験できるものばかりです。実現できることで「幸せ」を感じるのです。

どれだけの年収があれば「幸せ」になるのか

それでは、具体的にどれだけの年収があれば「幸せ」であると言えるのでしょうか。

 

この疑問を答えるべくアメリカの大学研究で有名な調査結果が出ています。

 

プリンストン大学のダニエル・カーネマン教授らのグループで、2010年に「米国科学アカデミー紀要」の発表では以下の内容を説明しています。

 

お金の額と幸福感は比例するが、あるところまでいくと“感情的な幸福感”は薄まる

 

具体的な内容として2点挙げられています。

お金の額と幸福感
  1. 世帯年収が7万5,000ドル以下の人では、収入と「喜び」や「満足感」といった感情は比例する。
  2. 7万5,000ドルを超えると、「喜び」や「満足感」は、7万5,000ドル以下のときと比べて薄まる。

※7万5,000ドルは、日本円で約800万円

年収800万円あれば「幸せ」になれるのか

アメリカでは年収が7万5,000ドルあれば、日々の生活に困ることなく、ある程度満足のいく暮らしが送れるとされているようです。

 

住宅ローンを組んでマイホームを買うことができ、子どもも公立ではなく私立に通わせることができます。

 

日本も住む場所にもよりますが、年収800万円であれば余程の贅沢をしない限り、生活に困ることはなさそうです。

 

日本では年収1000万円を超えても「金持ち」ではないような意見もありますが、これは生活レベルを分相応になっていない場合があると考えられます。

 

普段の生活レベルは人によっては異なりますが、毎日外食、外車を乗り回し、年に数回は海外旅行などのような生活を求めるのであれば、年収1000万円では足りないと思います。

他人と比較することで「幸福度」が決まる

年収が1000万円でも贅沢してしまうポイントとしては、「他人と比較してしまうため」ということが考えられます。

 

他人が買ったモノ、体験したコトを羨ましくなり、さらに良いモノをもとめて「お金」を使うことで贅沢が始まります。

 

そうなれば1000万円あったとしても「足りない」と感じるのは当然のことです。

 

つまり人が収入によって感じる幸福は、収入の額そのものではなく、「自分の周囲の誰かより多いかどうか」で決まるということです。

 

会社では年収の話は同僚でも暗黙の了解で話さないと思います。

 

しかし自分の収入よりも多いと知ったとき、一時的に「幸福感」を感じることが多いと思います。

 

そしてさらに稼ごうと年収を上げるために職位を上げたり、転職をしたりするのです。

お金ことのを考えすぎると「不幸」になる

また一方では「お金があると幸福になれない」ということではなく、「お金のことを考えすぎると不幸になる」ということも考えられます。

 

いつもお金のことばかり考えているのは、どういうことになるのでしょうか。

 

「周囲を気にせずに自分の出世だけを考える」「いつも株価が気になっている」「良い収益不動産物件を探し続ける」といったようにマネーゲームに勤しむ人々になりがちです。

 

いくらの年収あれば幸福なのかは、その人によって状況、条件によって異なります。

 

また「お金持ち」だから周囲から「評価」されるわけではありません。

 

「評価」されるために日々を過ごすべきなのかは自分なりに考えるべきだと思います。

>>【不動産投資ローン】の借り換えならモゲチェック 今なら特別金利実施中!

あわせて読みたい
サラリーマンだけでの「年収1000万円」は得ではない サラリーマンだけでの「年収1000万円」は得ではない 世帯年収が1000万円は損 「世帯年収1000万」が一番損な理由