アパートの外壁はツートンカラー仕様がトレンドか

「アパートは外観が重要です」

新築アパート会社の方に改めて言われました。

外観は第一印象になるので、お客さんを案内するときにも判断の基準になるということです。

※中には居室部分がフルリノベーションされていてキレイな場合もあります。

特に道路付けから見る印象は大事とのことです。

最近のアパート会社のデザインなどはホームページなどで実例集として公開されているので参考になると思います。

昔からあるような吹き付けの外壁ではなく、最近の新築アパートサイディング仕様が採択されています。

表面の加工もタイル仕様ものあればラインを組み合わせたものと様々です。

外観だけみると、一般の建売住宅のような洗練された今時のデザインが多いです。

私も実際に見たときは、アパートのイメージが変わりました。

アパート会社に聞けば、実際の建物場所を教えてくれると思いますので

百聞は一見に如かず、ぜひ見に行ったほうが良いと思います。

壁の色だけではなく、床、天井なども色分けされていて実にスタイリッシュなデザインになっているものが多いです。

※アパート会社によっては、物件だけの写真集のようなパンフレットもあります。

最近多いのは、ツートン仕様のカラーリングです。

ツートンも大胆な使い方をしています。

ベランダ部分だけやある一箇所の壁だけを変更しているだけでアクセント的に使っています。

一箇所入るだけで見た目の印象が変わります。

居室のクロスを一箇所変更するアクセントクロスの手法がありますが、外壁でも同じ効果があると思います。

これで部屋を探している人に良い印象を与えることができるのであれば、ぜひ採用したいところです。

新築アパートならではのこだわりだと思います。

アパート会社によってはデザインがあまり変更できない場合もあるので事前に確認したほうが良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする