新築アパートを始めるベストな戸数は?

新築アパートをする際に戸数がどれがベストなのでしょうか。

一般的には、2階建て8戸というのが多いのではないでしょうか。
私の目的としては、早期に事業的規模にしたかったので、10戸を目標にしていました。

はじめての新築アパート経営をする観点で戸数の規模別にまとめてみました。
2戸
最小限の大きさで、実際に持っているオーナーの知り合いがいます。
長屋的なつくりでしたが、正面に二つ玄関があるような感じです。
ワンルームタイプではなく、1DKの大きさでした。戸建の不動産投資のほうが効率いいかもしれません。
4戸
自己資金少なめから始めるのには良いと思います。
実際に物件を見たことや提案を受けたことがないです。
新築アパート会社も土地規模からすると最近は少ないのではないでしょうか。
都内であれば、戸建には大きすぎて分筆することできにくい土地に建てられているのかと思います。
6戸
6,000万~7,000万円台で購入できる物件なので、予算的にも初めてアパート経営をするには適している大きさです。
エリアを分散してリスクヘッジするには適しているのではないかと思います。
8戸
大きさ的には理想ですが、少し高めになります。
地方都市でも8,000万円以上、首都圏でも1億円近い物件になるのではないでしょうか。
1棟目として融資が付ければいいと思いますが、個人によっては融資枠を使ってしまうため、2棟目に時間がかかるのかもしれません。
10戸
この規模になると木造というより、鉄骨造になると思います。
都内だと軽く1億円は超えるものになります。
土地から購入して建てれるくらいの自己資金があるのであれば、初めての投資で事業的規模を達成できるため、挑戦してもいいかもしれません。
12戸
一度だけ提案を受けたことがあります。
木造の領域ではありませんが1戸あたりの単価でみると割安な感じがしました。
ある程度の土地がないのといけません。そうなると地方都市(政令都市ではないクラス)になるため、客付が大丈夫か入念なリサーチが必要です。

私は、事業的規模に早期に達成したいのですが、偶然にも6戸のアパートを2棟同時に購入できる機会がありましたので選択いたしました。
アパート会社の担当が積極的に動いていただいたので、短期間でなんとか達成できそうです。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする