5億円の借入で年間1,500万円を目指す?

知り合いで唯一不動産投資をしている方がいます。

新築アパートから始めて、借地権付築古アパート、宿泊系の投資まで多岐に渡っています。

管理などの運用面は、奥様が積極的に対応されているようです(家族が協力されているのが羨ましい限りです)

フルローンは当たり前、オーバーローン狙いで地方の中古RCにターゲットを絞っていて、最近では、地方(政令指定都市)の物件を始めたようです。

目標は、キャッシュフローを不動産投資の物件総額の3%として、5億円まで借りると豪語されています。

5億円 × 3% = 1,500万円(月125万円)が手取り年収という計算です。

定年までに返済できる計算のようですが、5億円の融資は、自分には手が出せない領域です。

サラリーマン大家の限界である2~3億円を目安にしていますが、それもできるだけ手をかけない運用を前提にしています。

・地方の中古物件を探す時間
・売却を前提にした投資シミュレーション
・客付、清掃管理などの対応

本業が忙しく、週末は家族サービスをする立場の状況では上記のようなことは中々できません。

私の中では、ある程度パッケージ化されていて、手数料を払ってでもリスクを回避できるアパート経営をしたいです。

その中の選択肢の一つが新築アパート経営でした。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする