不動産投資にメンターが必要か

メンターの存在は何か

不動産投資関連のブログ内容やセミナーに行くと、「メンター( 指導者、助言者 )」が必要であるということが説明される場合があります。

 

本当に必要なのか疑問に感じます。

 

実際に優秀な不動産投資家の方にお会いしていないので、説得力がないですが、特にメンターからのアドバイスなくここまでアパート経営を行っています。

 

同じ会社に不動産投資をされている方がいますが、投資スタイルが異なるのであまり参考になりません。その方の投資スタイルは、時代のトレンドに合わせて実行されています。

 

・中古RC物件
・消費税還付
・一棟一法人
・某S銀行からの融資による短期戦略

 

自分には出来ないことを実体験されているので、話としては面白いのですが、そこまでの度量がないので、同じことをしたいとは思いません。

 

簡単にはメンターは見つからない

知り合いで、自分の投資方針に合ったいればベストですが、簡単には見つかりません。

 

著名な不動産投資家の方にお願いできれば良いのかもしれないですが、有名な方は投資塾的なスクールを運営していて、有料相談としてのつながりになる場合もあります。

 

そこまでして必要なのかと思います。

 

インターネットで配信する情報、書籍、セミナーだけでもある程度は独学で学ぶことは出来ます。

 

むしろ、メンターの教えに沿って購入しないといけないような事態になったら、自分の意思ではない行動になります。何のために不動産投資を始めたのかわからなくなりそうです。

 

メンターとまで言わないですが、共有できる仲間はいても良いかもしれません。但し、優劣をつけるような関係になってしまえば、かえって面倒な存在になってしまいます。

 

不動産投資の基本は自分で解決するもの

不動産投資は、サラリーマンの副業であればあるほど孤独に対応するものかもしれません。人に聞く機会はあって良いと思います。

 

経験上、判断つかないことはたくさんあると思いますが、それだけに頼ってはいけないと思います。

 

「自分で理解」「自分で判断」「自分で行動」できるスキルを持って不動産投資をするのが基本なのではないかと改めて思います。