初心者が行くべきはない不動産投資セミナー

不動産投資の知識を得るにはセミナーが効果的

現在、企業での副業が一般的になりつつあります。副業の種類は数あれど「不労所得」に近い内容でできる事として「不動産投資」の名前を挙げる人は多いと思います。

実際には完全な不労所得ではありませんが、間違った物件でなければ比較的安定して運用ができ、株やFXと異なって損をすることが少ない状態で収入を得ることができます。

また長期に渡って所有することで、最終的には借り入れのない不動産(土地と建物)を手にすることができますので、興味を持つサラリーマンは多いではないでしょうか。

金額が大きいので事前の学習として知識を得ておくことは必要です。専門の本やブログなどで情報を得ることも大事ですが、セミナーが効率的な場合もあります。

セミナーには多くの種類の内容があり、都内であれば毎日のように開催をしています。魅力的なキャッチコピーと内容で募集をしていますが、不動産投資初心者には向いていないセミナーもあります。

自己資金ゼロのセミナー

「貯金がなくてもできます」「無料でマンションオーナーになれます」はリスクを減らしたい初心者であれば格好のキャッチコピーです。

しかし残念ながら完全に「0円」ではできません。できたとしても現時点では少し違法な融資を受けるしか購入方法がありません。

また購入できたとしても家賃収入の大半が不動産に対して金融機関へのローン返済になりほとんど収益が残りません。空室が続けば持ち出しという形で本業の給与からローンの支払いをする可能性もあります。

100%ダメとは言い切れませんが、想定していた不労所得にはならないと考えた方がいいと思います。

今でも「自己資金0円」のセミナーは広告を出していますが、参加することは経験上悪くはないですが、無料で不動産投資ができるほど甘い世界ではないということを理解する必要があります。

再生物件セミナー

「キャッシュフローを得るには地方物件がいい」と言った内容の本を読まれた方であれば、利回りの良い物件を探すために対応できる業者のセミナーに参加すると思います。

ここで注意したいのが地方の不動産投資に対して「再生物件」というキーワードが含まれているセミナーです。一時期流行した「高速メガ大家」が得意とした手法です。

私もその点の参加したことがありますが遠隔でリフォームを前提とした不動産は初心者には難しいそうな印象でした。

再生物件は悪くはないのですが、リフォーム会社との商談など思ったより本業の時間を圧迫しそうな感じがいたしました。

本業忙しく時間がなく、相見積もりもできずに業者に丸投げしかないのであれば、悪質な業者であれば余計なリフォーム費用を請求されるかもしれません。

実績があり専業での不動産経営をするのあれば可能な範囲かもしれませんが、初心者には向いていません。

節税効果セミナー

節税は年収が数千万円クラスの人であれば、給与所得を抑えるために不動産投資を利用する価値はあると思います。しかし一般的なサラリーマンの方であればメリットがほとんどありません。

購入した初年度赤字にして源泉徴収額分を還付させるくらいが節税メリットではないでしょうか。その後赤字が大きければ住民税を減らすこともできます。

不動産投資をしない人からすれば、それだけでも十分メリットかもしれませんが、購入する物件には注意が必要です。

いわゆる「新築ワンルームマンションで節税」は、長期的に見て損をする可能性が高いです。購入できる戸数も限られているので経費を使って節税する方法に対しても適していません。

また新築ワンルームマンションは土地もないため資産価値が購入した後に一気に下がります。「ローン返済後に資産になります」というセールストークと矛盾します。

不動産投資セミナーには段階がある

今回は初心者向けの話をしましたが、「2棟目の購入」「空室対策」「法人化」など細分化されたより専門的なセミナーもあります。

不動産経営のステップに合わせて選ぶことができます。本で知識を得てから確認するために参加することは悪くはありません。講師の方に質問することでより知識を深めることもできます。

初心者の方は、まずが不動産投資フェアのような展示会場などで開催されているセミナーに参加するのが効率的かと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする