フラット35を使った「ヤドカリ投資法」とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤドカリ投資法とは何か

フラット35の悪用による不動産投資は問題になっています。住宅ローンを使いながら不動産を増やしていく投資スタイルは不動産業界では有名な手法のようです。

一棟投資不動産を販売しているプレミアムバリューバンクの公式サイトでは、この手法を「ヤドカリ投資法」と呼ぶと書かれていました。

不動産投資の基本は購入した収益物件をできるだけ長く所有することで家賃収入を得て融資を返済することによって資産を築くスタイルが一般的です。

しかし「ヤドカリ投資法」は、物件を購入し引越しを繰り返すヤドカリのように、一つの物件に住み続けず引越しを繰り返して家賃収入を得るメリットがある不動産投資法なのです。

本当にメリットだらけの不動産投資方法なのか

プレミアムバリューバンクの公式サイトには、詳細にヤドカリ投資法のメリットが書かれています。

ヤドカリ投資法のメリットは、住むことを前提にしていますので「住宅ローンで資産拡大ができる」ということ最大の強みとしています。

コラムには「貯金ゼロでも始められる」と記載があるようにまさにフルローンでできるということを説明しています。

不動産投資は敷居が高い、といわれる所以の一つは、投資用のアパートローンの融資が厳しいからです。

誰でも借りられるわけではなく、年収や自己資金、勤続先などの属性を見て判断されます。

物件購入後の経営計画が素晴らしいものであれば、自己資金が低くとも借りられる場合もありますが、結局そのような計画を立てられるのは一部のプロ投資家に限られるでしょう。

しかし、ヤドカリ投資法の場合、審査が通りやすい住宅ローンを受けて始めることになるので、参入ハードルは低いといえます。

また、住宅ローンは他のローンよりも金利が低いということもメリットです。

引用:プレミアムバリューバンク 公式サイトより

条件のよっては住宅ローン減税が受けられる可能性があるという点も大きなメリットと言われています。

一方、デメリットは購入費用などを経費計上ができない点も挙げていますが、やはりグレーなスキームの印象があります。

フラット35で借りていればリスクはない?

当然ながらリスクも記載はしてますが、今回のフラット35の悪用問題を考えると非常にグレーなスキームだと思います。

ただし、住宅ローンで購入した物件を賃貸に出していることが銀行にばれてしまった場合、最悪、銀行から一括返済をせまられる可能性があります。

下記の要件を満たしていれば住宅ローンで購入した物件でも賃貸に出すことができると書かれています。

・引っ越しをする正当な理由がある

1つ目の住宅ローンを完済している

1つ目の住宅ローンがフラット35である

資金もなく属性も高くない不動産投資初心者からすれば、すぐにでも出来ると思ってしまいそうな内容です。

しかし時間もかかるという点では、ヤドカリ投資法はあまり投資効率が良い方法とは思えません。従来の不動産投資とは異なるものだと考えるべきでしょう。

フラット35の悪用問題が発覚した現状、まともな理由があるとしても封印される手法になりそうです。

ヤドカリ投資法を主導している不動産会社があれば、業績にも大きな影響が出てくると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加