自分にとっての快適な良い収入はいくらなんだろうか

不動産収入で必要な金額はいくらなのでしょうか。
30万円で足りるのだろうか
50万円は必要なのか
100万円では足りないのか
人それぞれに金額の目安があると思います。
サラリーマンで不動産投資を始めてみると、必要以上に収入が増えていき、もっともっと欲しくなってしまいがちです。
実際に具体的な目標を立ててみればと言われると月100万円のキャッシュフローで年間1,200万円を目標にすることが多いと思います。

キャッシュフロー1,200万円必要な場合の融資額は?

ある記事では実際に1,000万円以上のキャッシュフローを求めるのであれば、現在の一般的な傾向の物件では最低でも4億円の投資は必要だと書かれていました。
※対象物件の状態や頭金があれば、金額が変わりますのであくまでも目安です。
外資系で年収が1千万以上、金融資産があるなど高属性ではない限り一般的なサラリーマンだと短期間ではなかなか難しいのではないかと思います。
そこまで融資を得て、月100万円のキャッシュフローで納得するのでしょうか。
初心者からすれば非常に高い目標でもありますが、達成したあとは、さらに高望みをするのではないでしょうか。
不動産会社の営業担当に聞いた話では実際にその目標金額で完結する人は少なく、もっともっと持ちたい気持ちがさらに募るようです。

売却して身軽になることも大事

一方であるメガ級(資産10億円以上)の不動産投資家の方の話では、積極的に売却を進めている話をききました。
その方はサラリーマンとしても一生懸命に働き、頭金を貯めて不動産投資の魅力のトリコになり、一気に物件を増やしていきました。
当初は青天井で購入を進める気持ちでおり、賃貸収入だけで高級マンションに住んで、高級外車をの乗り、美味しいレストランで外食三昧を実現を目標にしていました。
実際にセミリタイヤをしたのですが、一定期間この生活を続けていていくうちに、ある日突然、虚無感にかられたようです。
高級な暮らしをしたかったわけではなかったのだと気がついたようです。
そこで初めて最低限必要な収入に知ることができたことは非常に大きかったようです。
気がつけば数億円の借り入れに疑問を感じ、一番効率の良い物件は残して、最小限の所有に切り替えようとし始めました。
不動産投資の開始時はどうしても複数棟を所有しがちではありますが、自分にとって不動産での収入金額が見定めていけるのであれば、所有物件を減らして経営を安定していくことも大事だと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする