「まずはやってみる」ことが大事

3棟目がようやく決まりつつあります。
来年の3月には完成したいところですが、時間がギリギリな感じです。

同時に4棟目を検討しています。
税金のこともあるので再来年以降に完成でもいいかなと思っています。

1年目 2棟
2年目 1棟
3年目 1棟


早すぎる決断かもしれませんが、当初の目的であった各地方に分散した形でアパートを4棟保有し、確実に経営していることで実績をつくり、1、2年後に5棟目、6棟目の足がかりにしたいと思います。

50歳までに今の給与ぐらいの安定したキャッシュフローをつくり、好きな仕事をして暮らしていきたいです。

今週末にアパート会社の担当にもお会いするのですが改めて相談したいと思います。

一昨年末から様々な新築アパート会社を訪問して検討を始めました。

訪問時に「すでに3棟持っているオーナーさんがいます。IT企業でエンジニアをされていて、4棟目も検討されています」などの話を聞いて、羨ましい環境だなと思っていました。

まだその頃はアパート投資をする迷いがありましたが、あるアパート会社との出会いによって一気に開眼しました。

今の自分は4棟目も現実的に検討する立場になっています。

「まずはやってみる」

不動産投資の本やセミナーで聞くフレーズですが、その通りだと思います。

いざ開始してみるとそこまで複雑な状況には陥りませんでした。

40代前半でしたが、区分マンションからのスタートでしたが、40代半ばに差し掛かってアパート経営を始めることができて良かったとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする