「不動産を買いたい病」にかかってはいけない

買いたい病

「不動産を買いたい病」とは恐ろしい病気です。


当初は副業でお小遣いの足しになればいい、教育費のために使えればいいと純粋かつ堅実な目標を持って始めたと思います。中にはアーリーリタイヤするためだと豪語していた人もいるかもしれません。

 

いずれにせよ現実的な金額を自分で決めていたと思います。私も中古ワンルームマンションを購入した7年前には、現役時代に月50万円、年間600万円あれば良いかなと漠然と考えていました。もっともその時は中古ワンルームマンションが受けるキャッシュフローを理解しておらず、月50万円は相当頑張らないといけない金額であることを後に知りました、、

 

中古ワンルームマンション一戸または新築アパート一棟購入することがスムーズに融資手続き、売買契約締結までできると皆さん「意外と簡単に買えた」と思う方が多いのではないかと思います。

 

そうなると最初の一歩は慎重に進めていたのに急に大胆になってきます。最初の斡旋した不動産会社も「まだまだいけますよ」と煽ってきます。そうなると次の良い物件はないかと欲が出てきます。物件の良し悪しも重要なのに「融資がつく限界まで購入したい」と思い始めます。

 

周囲を見てみると「一棟一法人スキーム」や「消費税還付」などややグレーな方法でお金を使わず買えることに気がつきます。専門の税理士へ相談し始めたり、メガ大家さんクラスのセミナーなどにも参加し始めていきます。

 

勉強するという意味ではこれらのスキームを知識として覚えておくことは良いと思いますが、実際に実行するとなると不動産投資でも違う領域の話になってきます。「不動産経営」から「不動産ゲーム」へのシフトチェンジです。

 

「人間の欲望には決して際限がない」という点である。

「必ず投資不動産を手に入れたい!」という希望(欲望)を持って不動産投資を始めます。かつては望んだ収入や車、自宅の家さえも、手に入れると次第に飽きを感じ始めるように人はできています。

「いくら不動産を入れても満足できない」と欲望に振り回されます。不動産投資をする上では「買いたい病」にならないように自制することが絶対に必要です。

 

不動産投資の目的を忘れない

自分が何のために不動産投資をするのかを忘れてはいけません。キャッシュフローであれば金額を資産形成であれば規模など目標数値を明確にしておくべきです。リスクも最小限にして最短に実現できる道を考えるべきです。

 

うまくいったので道半ばで目標修正することは賢明ではありません。仕事と同じでまずは最初の目標を達成してから次のステップアップを考えるべきかと思います。

 

まわりの不動産投資と比較しない

不動産投資に絶対の正解はありません。個人の状態によって求めるからです。中古ワンルームマンションで堅実に月10万円収入を得ている人に、ギガ大家クラスで200戸のアパート経営をしている人が否定してはいけません。それぞれスタンスが違うので比較することは間違っています。

 

中古ワンルームマンションをしている人は現金で購入しているのであればリスクはありません。ギガ大家さんは200戸の裏では数十億円の負債を抱えているかもしれません。

 

私が大家会に積極的に出ないのは、一度不快な場面に出くわしたからです。ギガ大家クラスは勝ち誇ったように徒党を組む姿があまり良い印象を持ちませんでした。

 

 

不動産物件の提案を全て受け止めない

一度上手くいくと不動産会社からの提案も続いていきます。今の融資状況を考えると不動産投資実績を持っている人が有利になると言われているので、実績のある方への提案が増えていくと思います。

 

その際も自分の尺度を持つことが大事です。決して机上の利回りの数字だけで判断、立地だ毛で即買い入れはしないことです。サラリーマンの不動産投資初心者であればなおさらです。

 

不動産仲介会社から「非公開物件」の紹介を受けると「このチャンスは自分だけだ」と思ってしまいます。非公開物件が全て良いとは限りませんので注意が必要です。

 

その際に不動産会社の営業が「不動産投資のプロ」の意見だからと鵜呑みにしないことです。話半分くらいで留めておくくらいで良いと思います。そうすると本当に購入して良い商品なのか見極めが出来てきます。

 

 

「買いたい病」はベテラン大家もなる

「 買うこと 」が目的やゴールになっている時は、全ての物件が良く見えてしまいます。周囲から「物件が悪い」と言われたとしても自分に言い聞かせるようになります。初心者にも陥りやすいのですが、ベテラン大家の方もかかる場合がありますので常に意識しておく必要があります。

 

自覚症状がないので、相当の時間と費用がかかる場合もあります。不動産投資は時間が有限かもしれませんが急いでするものでもありません。ここ一番に冷静な判断とたとえ不動産物件が少なくとも「今の状態がベスト」だという認識で進めるべきだと思います。