退職までに1億円貯めることが本当に必要か

1億円必要か

老後になぜ1億円も必要と言われているのか

退職後(老後)に必要なお金はいくらなのでしょうか。世間一般では3,000万円とも言われていたり、1億円ないと裕福に過ごせないという情報が出回っています。

 

人生100年と言われている中ではありますが、本当に1億円もお金が必要なのかは、個々に置かれている状況次第だと思います。

 

もし1億円の貯蓄を貯めるとするならば、単純計算でも毎月20万円前後を40年間貯めなくてはいけない計算になります。

 

すでに社会人になって家庭を持っている人であれば、非現実的な話になってしまいます。

 

実際には、金融投資や不動産投資の会社を営業トークに使っているだけだと思います。全く無一文で年金で生活できるかと言われれば厳しい部分があるのかもしれませんが、そこまでお金は必要ありません。

 

退職後は年金のみの生活が前提になっている

まずこの1億円必要かに対しては、基本年金だけで生活するというのは前提になっているかと思いますが、実際には70歳くらいまでは普通に仕事をするのではないかと思います。

 

昨日テレビで竹内まりやさんが出ていましたが、64歳だという年齢を聞いて驚きました。まだまだ現役以上に活躍できるくらい生き方をされていました。

 

60歳を過ぎたくらいでは、まだまだやることあるのでが隠居生活するにはまだ早い年齢なのです。とはいえ、不動産投資でセミリタイヤをされた方3040代で隠居生活のようになってしまう方がいるようですが、本当はもったいないと思います。

 

1億円の貯金を切り崩して生活するというのは現実的ではないのかもしれません。いつの時代の試算かはわかりませんがそこまでのお金は必要ないのかもしれません。

 

1億円あれば毎月21万円取り崩す

仮に100歳まで40年間必要なお金はどれくらいになるのか、試算してみます。

1億円 ÷ 40年間 ÷ 12ヶ月 21万円

年金が15万とした場合に月に36万円で生活するということになります。

 

毎月35万円を夫婦(と仮設定します)で足りないのかということが大事になります。現役時代に教育費がかかる世代であれば、手取りで35万円は厳しいかもしれません。

 

おそらく60歳になれば教育費もそれほど必要もなく、住宅ローンの支払いも終了に近づいているのではないかと思います。そうなるとそこまでの生活費は本当に必要ないのかもしれません。

 

当然、時間があるので旅行したり外食を楽しんだりする時間も増えてくると思います。それほど贅沢をしなければ、36万円も必要ないのかもしれません。

 

お金を「貯める」より「活かす」

お金を貯めることは悪いことではありません。実際に私もどちらかというと貯める傾向にあります。そして不動産を購入するときなどは、一気に使うタイプです。

 

「貯める」はあくまで目標のために行うのであって、目的ではありません。

 

もし1億円貯めるのであれば、お金が増える仕組みに使って「活かす」という選択をするべき方が今の時代にはあっているかもしれません。

 

投資であれば金融や不動産でもいいですし、副業的に活かしたいのであればネットビジネスを始めてみるのもいいかと思います。

 

「増やす仕組み」は全てが成功するとは限りませんが、本業があるうちは「貯める」のではなく「活かす」という選択も持っておいて良いのではないかと思います。

 

国内では高度経済成長から「働き方改革」に始まり、今後は北欧諸国のように「社会福祉制度」が充実してくると思います。

 

世界の中でも日本は安心して暮らせる環境だと思います。現役時代に隠居するために1億円を貯めるのではなく、様々なお金を増やしていく仕組みをつくる期間にすべきかと思います。