無駄なクレジットカードだと判断する方法

まだまだクレジットカードが重要

キャッシュレス化が進む中、QRコード決済分野で様々な企業から出てきています。今もLINE Pay利用者獲得のために300億円キャンペーンを展開しています。

しかしながら使える店なども限定的なので、浸透するには時間がかかるのと競合会社が自然淘汰されない限りは利用者は増えないかもしれません。

そうなるとクレジットカードと電子マネーがキャッシュレスという面では、利用者にとってはまだまだメインかもしれません。

特にクレジットカードが「2枚がベスト」と言われるような雑誌もありますが、かなりの枚数を持っているのではないでしょうか。

不動産投資での融資を受ける観点からもクレジットカードはあまり持たない方がベストです。

キャッシング枠があるクレジットカードがあれば審査にも影響するからです。(個人的にはキャッシングは使わないように処理しています)

お財布に入れるクレジットカードは1枚

クレジットカードは各社お得であることを打ち出していますので、駅前でもショッピングモールでも受付カウンターを作って申し込みをさせています。

しかし普段の生活で使うのは2枚とは行かないですが、3、4毎程度でしょう。

財布に入れているには私は1枚だけですが、そのほかインターネットショッピング用に各社のカードを使い分けています。

以前はポイントカードのごとく、クレジットカードを持っていましたが、融資のことを不動産会社の営業の方からもアドバイスを受けて整理をしました。

クレジットカードは特典だけは残さない

「駐車料金が1時間無料サービス」になるなどのレベルの特典でカードを使い分けているのであれば解約すべきです。無駄な出費に繋がる可能性があります。

ブランドが一緒のクレジットカード

クレジットカードの種類には5つのブランドがあります。当然ながらブランドによってサービスや特典が異なります。

Visa

‎MasterCard、

JCB

American Express

Diners Club

何も考えずに申し込みをしていたら、おそらくブランドが重複している場合が多いのではないでしょうか。

特にVisa、MasterCardは何枚も同じようなカードを持っている確率が高いと思います。(それだけ世界でも浸透しているブランドです)

これは無駄な対象なので、一つだけメインに残して解約すべきです。

年会費がかかっているクレジットカード

初年度無料のクレジットカードが大半だと思いますが、普段使わないクレジットカードを集めると年会費だけで数千円支払いっているとしたら必要ありません。

もし割引のあるカードであれば、その分の利用がなければ残しておくべきではないので解約が必要です。

紹介で入ったクレジットカード

社会人なりたての頃によくある話ですが、友人にクレジットカードを勧誘されたことはないでしょうか。

入社した会社がクレジットカードを発行しているとしたら、ノルマを課されて友人に申し込みをしていたと思います。

今でもあるかは知りませんが、某大手インターネット通販会社の新入社員は、十数枚のノルマがあったと聞いたことがあります。

そのような形で入手したカードは全くもって必要ありません。義理で入ったかもしれませんが紹介した友人も覚えていないと思います。

クレジットカードは少ない枚数で最大限に利用

私は基本のメインカードは1枚です。マイルを集めるためのクレジットカードです。そこに固定費となる電話代や公共料金も含めて支払いを集めています。

不動産投資をするようになってからは、交通費や入居者向けのインターネット代なども合わせており、最近では固定資産税もクレジットカードで払うようになりました。

来月に支払いはまとめてになるので100万円を超えました。しかし効率よくマイルが貯まるので良いと思っています。

クレジットカードは最小枚数にして、その特典を最大限に使うことが正しいと思います。

財布に数枚のクレジットカードが入って膨れ上がっているのであれば、まずはそこから減らしていくことが良いかと思います。

「不動産投資」の場合、個々の所有物件にもよりますが、年間で百万円近く税金が納めているのであれば、クレジットカード利用でお得です
自分の消費生活に見合った特典やサービスでなければ、無理をしてカードをアップグレードする必要ありません。