結局いくらキャッシュフローが必要なのか

新築アパートで不動産投資を進めていますが、いくらキャッシュフローが必要なのか自問する時があります。

私的年金、資産形成(家族への相続)のためではあるため、セミリタイアは現時点では考えてはいません。

ただ世の中の不動産投資を啓蒙する本は、「キャッシュ数億円でキャッシュフロー月収100万円でセミリタイア」的な煽りのものが目につきます。

100万円も必要なのかなと思うときがあります。

もちろんあるに越したことがないですが、嗜好品や高級品を買い求める方は、足りないのかもしれませんが自分の生活レベルに合わせた収入(キャッシュフロー)を目指すことが大事なのではないかと思います。

私の数少ない不動産投資仲間でも、月収100万円を達成いる人がいないからかもしれませんが、簡単なことではないかと思っています。

不動産投資は、不労所得と言われる部分もありますが、実際には物件の良さ、融資条件、管理会社などあらゆることに気を配り進めなくてはいけません。

短期で数億円達成的なことは、相当な努力をされていると思います。

その労力と天秤にかけて、そこまでのキャッシュフローが必要なのか。

他に大切なこと、やるべきことがあるのではないかと思っています。

書店に並ぶ本や武勇伝的なセミナーなどで自分のスタイルがぶれないようにしないといけないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする