不動産投資は「自慢」するためにするものではない

不動産投資は「自慢」するためにするものではない

サラリーマンの不動産投資にブレーキがかかった現在ですが、それでも投資に興味を持っている人は多く見受けられます。

 

不動産は高額ですので、高級車やブランド時計を所有するような単なる所有欲で持つものではありません。

 

自分が「収入を増やしたい」のか「資産(土地)を持ちたい」のかなど目的によって購入する対象となる不動産の種類が異なります。

「不動産投資」なら何でも良い訳ではない

本やセミナーなどで億単位の年収を不動産収入で得て、経済的自由により、好きな時間に海外を暮らすなどを「リタイヤ的な生活」に憧れているのであれば、それなりの努力が必要です。

 

その生活を達成するのは、勉強もさることながら、億単位の融資を受けても良い胆力(恐れたり、尻ごみしたりしない精神力)が必要です。

 

億単位に稼げるということは、それだけの年千万、何百万円の出費も厭わない状況になります。簡単には手を引けないことを理解しておく必要があります。

 

今の時代には考えられないですが、融資が出ていた時代には、不動産会社の提案を鵜呑みにして短期間で数億円の不動産を購入していたサラリーマンは実際にいました。

 

その後どのような不動産投資をされているかは知る由もないですが、「金銭欲」が先行し、リスクを鑑みずに不動産投資を続けるのは非常に危険です。

 

「不動産投資」にそこまでリスクをとる必要があるのか

先ほどの「収入を増やしたい」のか「資産を持ちたい」のかを明確にしておく必要があります。両方とも手に入れたいという願望もあるかと思います。

 

収入も「5万円」でいいのか「100万円」ないといけないのかで、投資規模が変わります。

 

「5万円」でよければ、中古の区分マンションや築古戸建を購入するれば達することもできます。

 

小規模の不動産投資とはいえ、購入には数百万円〜数千万円もかかるので、どれくらいの期間で投資回収ができるかは知っておいたほうが良いです。

 

数十万円のために自己資金ほとんどない状況で、数千万の融資までして不動産を購入する必要はありません。

 

小規模なので空室が出た途端に融資の返済ができなくなるというリスクがあるからです。

 

フルローンまで組んで、返済ができず自己破産まで追い込まれるケースもあるので、この点は「身の丈にあった投資」をすることが大事です。

「自慢する」ために「不動産投資」するのではない

今の融資状況から属性だけで不動産投資はできる時代ではなくなりました。

 

重要なのは不動産投資への考え方も、目的をしっかり持つことです。

 

前の会社の知り合いで広告代理店の方がいらっしゃいました「投資マンションを2戸持ってますー」的な会話で飲み会でも注目を集めていました。

 

自慢げなその会話は周囲に「勝ち組」のような印象を与えていました。

 

しかし、今思うと「投資マンション2戸」だけではリスクが高い投資だとわかります。

 

「不動産投資」は自慢するために行うものではありません。

 

ご自身の投資目的を達成するために、逆算的に投資計画を立てるべきだと思います。