会社以外に収入があるとなんとなく安心しませんか

不動産投資をする理由は人によって様々ですが、サラリーマンにとっては、収入源が複数になるということは非常に大きい目的なのではないでしょうか。

私が初めて中古区分ワンルームマンションを購入したときは、株式投資のような新しいジャンルの投資を始めたくらいの感覚でした。

当時のキャッシュフローは、税引き後で月4万円くらいで年間で50万円残るくらいでした。

当時の営業担当の方に、購入後しばらくして再び会うことになり、あることを言われて、不動産投資にのめり込むきっかけとなりました。その一言が、、、
「会社以外に収入があるとなんとなく安心しませんか」
わずか年間で50万円でしたが、ほとんど何もしないで入ってくる、いわゆる不労所得です。

購入以前は、本業だけで定年を迎えるのかと漠然と思っていました。
平行して株式投資などでお小遣いの足しになればよいかなと思っていたくらいでした。

ある本をきっかけに勢いもあって、中古区分ワンルームマンションを2戸購入しました。

購入当初は、自分の中では株式の配当金くらいにしか感じていませんでしたが
改めて考えると収益の安定性が違っていました。

別の仕事を持ったのと同じことだと初めて気が付きました。

そこからこの不動産投資での収入源を増やして余裕のある生活を目標にすることにスイッチが入ることになります。

不動産投資でより効果がでるのは、事業的規模にすること

でも中古区分ワンルームマンションでは融資の限界がある
(すでに自分の融資枠では、あと1戸買うのが精いっぱい)

資金をためて一棟モノに方向転換

中古区分ワンルームマンションを購入してからすでに3年が経過しましたが
営業担当から言われた「会社以外に収入があるとなんとなく安心しませんか」の一言によって、不動産投資に大きくアクセルを踏むことになりました。

今は、一棟モノを短期で4棟を目標に進めています。
(なんとか年内に2棟の契約が完了しそうです)

今は、不動産収入は貯金代わりとして使って、本業だけで生活するようにしています。
(逆に本業では貯金をしません!)

また、不動産収入が拡張して、本業と同じくらいに安定するようにあれば、本当にやりたかったことにも挑戦できます。

基本はセミリタイヤをしない姿勢なので、しばらくは複数収入ある生活を楽しみたいと思っています。

関連記事
不動産投資に正解はあるのか