「手取り15万」なら副業を始めてみる

最近「手取り15万円」の話がインターネットで話題となりました。

東京で一人暮らしとなると「家賃」が5万円未満であれば、生活できるレベルではあります。

手取りの金額は、給与明細にある額面と呼ばれる総支給額から 税金(所得税・住民税など) 社会保険(健康保険、年金保険など) を引いたものです。

手取り15万円の場合には、およそ額面金額が約19万円になります。

年収にすると230万円前後になります。ボーナスがあっても年収300万円未満になるかと思います。

まずは意識して「貯金」体質になる

日本の平均年収を考えると350万円くらいと言われています。

年収350万円は「手取り」で言うと、毎月20万円前後になるので、手取り15万円でも少ない人数とはいえなさそうです。

毎月の生活を安心して過ごすには、贅沢など散財をしないように心掛けないといけません。

さらに将来使えるお金を見越して、「貯金」をして投資などの「貯蓄」に回すことも検討が必要になります。

まずは「貯金」をする体質に普段の生活に変更することです。

体質を変える基本的なルールは下記の2つです。

・支出を抑える

・強制的に貯金をする

支出を抑える

生活費の中で「固定費」を抑えるのが先に考えられます。

住居費、通信費、保険料、サブスクリプション費などです。

「住居費」を抑えるのは、引越しなども伴うのでそう簡単にはいきませんが「通信費」などは、格安スマホなどで抑えることができます。

最近では「サブスクリプション費」が流行っているかと思います。いわゆる定額サービスです。

インターネットでの「動画配信」や「音楽配信」「電子書籍」などの数百円支払っていると思いますが、積み重なると結構な金額になります。

「WOWOW」などの有料サービスではすべて見れるわけではないので、見直す価値はありますので、コストダウンに効果的になる場合もあります。

強制的に「貯金」する

会社であれば「天引き」する形で別口座に振り込みをすることが良いと思います。

給与初日にお金が引かれるので、あとは残った金額で生活をすれば良いだけです。

入ったお金を貯金用の口座に振り替えると「損」をした気分になる人もいるのではないでしょうか。

そのように思っているのなら強制的に「天引き」をすることをお勧めします。

「財形貯蓄制度」がある企業であれば、非課税になり手取りも残りやすくなります。

たとえ1万円でも設定することをお勧めします。

「貯金」が大変ならネット副業

今の手取りから「貯金」なんてとても無理というのであれば「3~5万円」程度の副収入を目指すのが良いと思います。

仕事が忙しく時間がない人もいるかもしれませんが、インターネットを使った副収入であればスキマ時間(30分~1時間程度)で1日数百円~数千円得ることも可能です。

「ネット副業」と検索すれば、様々なお仕事のアイディアが出てきます。

インターネットでの不用品売買

インターネットでのアンケート

インターネットメディアでのライティング

多少のネットスキルが必要ですが、普段の仕事でパソコンを使っているのであれば、それほど苦にならない仕事が多いかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする