「投資物件」より「融資」を優先することは間違い

投資物件より不動産融資が間違い

不動産投資には「融資」は不可欠

資産家でもない一般のサラリーマンが不動産投資をするには、銀行による投資不動産への「融資」が必要です。

 

現金でコツコツと中古ワンルームマンションや築古戸建を融資することでも不動産投資をすることはできますが、長期的に考えると資産形成には時間がかかります。

 

そうなると少しでも戸数のある物件としてアパートやマンションの選択肢が出てくるのですが現金だけでは買えないため、銀行による不動産への「融資」が不可欠となるのです。

 

しかし今の不動産投資への融資は数年前と異なり、初心者などの実績のない人には融資条件が厳しくなりました。

 

不動産物件より銀行探しが大事は本当か

数年前の不動産投資のセミナーや出版された本には次ようなテクニックが書かれていました。

 

「投資物件」を探すより「融資」がつく銀行を探す

 

不動産の投資物件を探してから銀行の「融資」を探すのでは購入できない」ということです。

 

実際に買い付けを入れても「融資」がつかなければ購入はできません。

 

購入できないのであれば売主も困るので、2番手であっても銀行からの「融資」がつく買い手を優先します。

 

売主からすれば当然なのですが、初心者では銀行融資を先に見つけるのは至難の業です。

 

それらのセミナーや本では、信用金庫に給与振込や定期預金などの金融商品を購入すれば良いなどの裏技的なものも紹介されていましたが、一朝一夕でできるものではありません。

 

融資する銀行も勢いのある時代では「条件であれば融資できます」は確約できたのかもしれません。

 

しかし今の時代に物件もない状態から確約することはおそらく無理なのではないかと思います。

 

未だに「銀行融資」が大事というような流れもあるのかもしれませんが、まずは融資評価に値する物件を探すほうが先決ではないかと思います。

 

 

不動産投資会社の営業も難易度が高くなっている

不動産投資関連会社の営業も、物件紹介以上に「融資」提案ができることが重要とされていました。

 

スルガ銀行のような地方銀行やノンバンク系銀行が新築や中古物件問わずに融資できた時代であれば、実績もなくても借入のない初心者への営業もできました。

 

新築ワンルームマンション営業以外では、現状は実績のある不動産投資家へ営業行っているようです。

 

しかしすでに所有している不動産投資家でも融資枠の上限があります。融資枠が残っている投資家となるとさらに営業が厳しくなっていると聞きます。

 

「融資」の提案ができるというだけの営業では通じなくなった時代なのかもしれません。

 

やはり基本に戻って「融資」より「評価が出る投資物件」を探すことが大事だと思います。