理解できずに「不動産投資」を早く始めてはいけない

「不動産投資はできる早く始めたほうがいい」ということをよく聞きます。不動産投資は株式投資と違って、長期間かかる投資であるのは確かです。

月々の家賃収入による不労所得だけに注目しがちですが、実際には銀行からお金を借りて始める投資なので、返済期間中は投資としては売却するまでは結果がわからない状態です。

「時間がかかる」ことを考えると「不動産投資」は早く始めたほうがいいのです。

不動産投資は何かわらなかった30代

私も「不動産投資」という言葉自体を知ったのは30代半ばのころでした。

当時はインターネット系の会社にいたのですが、社内では一部の社員が副業と称して「転売」や「アフィリエイト」に興じることが流行っていました。

社内の打ち上げでその中の一人が「これからは不動産投資だ」と論じていたのです。その時は意味が良くわからなかったのを覚えています。

当時は「不動産投資」に関する情報がインターネットでも少なく、書店に並ぶ本を興味本位で読んでみて初めて「不動産投資」の内容を知ったのです。

思っていたイメージと違っていたことに衝撃を受けました。当時はお金持ちしかできないものだと思っていました。

「地主がアパートを建てて貸す」

「ローンで不動産を購入して貸す」

不動産がなくても投資が始めることができることは、今までのイメージと異なっていたので興味が沸いたのですが、手持ちの資金もなく諦めていました。

不労所得を得るには「不動産投資」が最適

また家族ができ自宅を購入したこともありそこまでの余裕がありません。将来の資産形成のためにと思い株式投資を始めました。

しかし株式は不安定で、思うようにはお金が増えていきません。

毎日、インターネットで株価動向が気になるなど非常に不健全な生活になり、仕事にも影響が出始めたので他の方法がないか模索していました。

そこで再び投資意欲が沸いたのが「不動産投資」でした。30代のころは「アパート=不動産投資」と思っていたところ「中古ワンルームマンション」でもできることを知り、少ない資金でも始めることができたのです。

実際に始めてみて、ほとんど確認することがありません。大半の大家のみなさんが言うように月に一度「通帳記帳」をするくらいです。

今はほとんどの銀行がインターネットで残高を確認できるので、スマホの専用アプリで1分ほど確認するくらいの作業です。

空室になったとしても管理会社と連絡をとるくらいですが、一週間に一回メールをするかしないかくらいの状況です。

そういった意味では「不労所得」に近い投資かもしれません。

私は「不動産投資」という言葉を知ってから、実際に始めるまでに結局5年かかりました。その間様々な投資経験をしました。

わからないのに「不動産投資」を始めてはいけない

不動産投資の本を読むと、30代からが良いとか、20代からするべきだと早く始めることを勧められます。

私もその頃に資産、属性があればそうしたかもしれません。

不動産投資は、株式投資にはない融資ができるなどメリットはありますが、理解せずに購入するのリスクがあります。

20代から先を見越して始めるのもいいですが、様々な投資経験を積んで「不動産投資」を理解してから始めるのでもいいかと思います。

不動産投資を知って理解して納得したらとにかく早く始めるほうがいいと思います。

不動産投資は融資が厳しいと言われていますが「中古区分マンション」であれば比較的始めやすいと思います。

最近飲み会などでも年代問わず「区分マンション持っているよ」という話を聞くことがあります。

昔は「不動産投資」は一部の人しか知られておらず、会社の同僚にも言わずにひっそりやるものだと思っていましたが、かなり「一般的になったなぁ」と感慨深いです。

物件を調べることもせずに不動産業者に言われるがままに購入しなければ、投資としては収入的にも精神ストレス的にも安定しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする