急上昇中の「不動産投資」クラウドファンディングとは

今、不動産投資における「クラウドファンディング」注目てされています。

銀行などの金融機関の融資が厳しくなり、現物での物件による不動産投資が始められなくなった、今「クラウドファンディング」による不動産投資の人気が急上昇中です。

本来クラウドファンディングは、”ある計画の実現や商品の開発によって、どのようなリターンをもたらすことができるのか提案して、不特定多数から資金を募る”サービスのことです。

一般的には「新製品」を作る時の資金や「イベント」を開催するための資金を集めるのですが、「不動産投資」という領域で展開しています。

人気のある不動産物件であれば、すぐに資金が集まるくらいに人気があります。

不動産投資クラウドファンディングとは

不動産投資クラウドファンディングとは「不特定多数の投資家から資金を集め、それを元手に不動産運用」を行います。

そして運用益・売買差益を分配する形で投資家はリターンを得ることにとなります。

「不動産投資信託(J-REIT)と同じでは」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

不動産投資におけるクラウドファンディングは、インターネットで募集することもあり、投資会社が販売している「不動産投資信託」と非常に似ています。

しかし、不動産投資におけるクラウドファンディングと不動産投資信託は、考え方が全く異なります。

不動産投資クラウドファンディングと「不動産投資信託(J-REIT)」の違い

「不特定多数の投資家が運用資金を集める」という点では一緒ですが、対象となる不動産物件をクラウドファンディングでは選ぶことができます。

クラウドファンディング 投資する不動産が選べる
不動産投資信託 投資する不動産が選べない

不動産投資信託では、不動産運用のプロであるファンドマネージャーが複数の物件に分際投資することが一般的です。

「自分で不動産を選ぶ」のあれば「不動産クラウドファンディング」になりますし、「プロが不動産を選ぶ」などであれば「不動産投資信託」になります。

不動産投資信託と比較すると、クラウドファンディングで購入した投資用不動産は市場の影響を受けにくく、値動きも小さいとされています。

現物の不動産物件での不動産投資のような経費を積み上げて節税や、最終的に資産にすることはできません。

しかし、融資が厳しい中で「不動産投資」ができる方法の一つではありますので検討しても良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする