「不動産投資」を始めても「何も変わらない生活」がベスト

不動産投資を始めると様々なメリットがあります。

サラリーマンであれば本業以外の収入を得られるということがまずは大きいと思います。

この副収入があることで「精神的なストレス」が軽減されることは確かです。

サラリーマンであれば、本業の業績が悪く「ボーナス」が期待できないとなった時が出てくると思います。

そのような状況でも「不動産投資」で月々に数十万円の収入があることで、ボーナス額で一喜一憂するはありません。

「不動産投資」があるからこその「安心感」

「不動産投資」で受ける恩恵として「安心感」「安定感」があります。

もう一人の自分が働いてくれるかのように「家賃収入」という名の「現金」を稼いでくれるからです。

もっとも自分の場合は、不動産投資で得られる収入は、「貯蓄」と「再投資」以外には利用していません。

本業での収入のみで生活をしていますが、不動産投資をしてから「貯金」する意識がなくなりました。

不動産投資で「現金が着実に貯まっていくこと」を理解してからは、「貯金」しなくてはいけないという「ストレス」から解放されたのです。

「家賃収入」で贅沢三昧になれば、また見方も変わったかもしれませんが、幸いにも自分は浪費家に陥ることはありませんでした。

「不動産投資」を始めても何も変わらないことが大事

新築アパートでしばらくは修繕する負担もなく、かつ管理業務を信頼できる会社に任せることができれば、何もすることがありません。

毎日の生活は、不動産投資を始める前となんら変わりがないこと状態であることがベストです。

自主管理であれば、入居付けから入居者のクレーム対応、物件の掃除、細かな管理など、仕事がたくさんありますが、管理業務を委託することができれば、銀行の振込チェックのみです。

しかも銀行もオンラインで管理できるのであれば、スマホでチェックするだけで事が足ります。

あとは年に一回の確定申告のみです。

これも面倒かと思う方もいるかもしれませんが、アパート経営の収支など条件によっては還付金が入ったり、節税効果をもたらしてくれます。

普段の生活と何も変わらない」これがベストな「不動産投資」のあるべき姿の一つです。

返済したあとは「資産」になるというご褒美

そして新築アパートであれば、返済を完了する努力をしたあかつきには、土地という「資産」ができます。

このローンを返済した「土地」は自由の思い通りに使えるのです。

アパート経営を継続してもOK

土地を売却して現金化してもOK

新しいアパートに建て替えてもOK

一番のポイントは、不動産投資を始める前と「生活は何も変わらない」ということです。

「副収入」として少しでも多くのキャッシュフローを得るために、全空室などの難易度の高い不動産を購入する方法もあります。

しかしリフォームや客付けで管理業務で走り回るのは「副収入」ではなく返って「ストレス」の原因になっては本末転倒です。

「何も変わらない生活」こそが「不動産投資」で求める理想の姿の一つです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする