サラリーマンの不動産投資家は「ミニマリスト」である

「支出を減らす」ことの重要性

お金持ちになる基本は「収入を増やす」「支出を減らす」が基本です。加えて「投資をする」で完成されると言われています。

今の経済状況からして給与所得での「収入を増やす」という発想は中々現実的ではありません。

昇給しても年間で20〜30万円前後のアップが限界ではないでしょうか。

また全体の年収が増えれば、累進課税が増える可能性もあります。

そうなると手取りが少なくなるので、何のための昇給なのかわからなくなります。

「収入を増やす」という点では「副業」が今の時代にはあっているかと思います。

あと重要なのは「支出を減らす」ということです。

不動産投資家は「ミニマリスト」に向いている

「ミニマリスト」というスタイルを好む人がいらっしゃいます。

必要最低限度の持ち物だけを持ち、無駄なくスッキリと生活をしている人たちのことです。

最近の若い世代では、ミニマリストになりたい方や憧れる方も増えてきていると思います。

ミニマリストの部屋や持ち物には一切の無駄がないという点では、コストパフォーマンスに徹していると思います。

そのような生活ができるのは無駄な支出である「浪費」をしない考え方です。

この点はでは、サラリーマンで不動産投資をする人に共通する部分だと思います。

日頃から頭金を貯めることに神経を集中しているので、節約志向の方が多いと思います。

日用品を購入するときでさえ、瞬時に比較をしてベストなパターンが頭の中に入りきっています。

移動の際も一番安く行ける方法にこだわる人も多いのではないかと思います。

実際にお会いするサラリーマンで不動産投資をする方は普段は目立たないような地味な方が多い印象です。

一見すると単なる「ケチ」と思いがちですが、この考え方の先には「無題ないシンプルな生活を好んでいる」とも言えます。

このような行動ができるのは「ミニマリスト」と共通する部分もあり、向いているのではないかと思います。

不動産投資をしていても「シンプル」に暮らす

ごくまれに派手な生活を好むような人もいます。「経費を使わないと損」と思っている人もいるのも少なからずいます。

副業で得た「お金」を散財していては、いつまで経っても「お金持ち」になれず、余裕のある暮らしができません。

ミニマリストのように無駄のないシンプルな生活ができることで、ストレスのない暮らしができます。

シンプルに暮らすこために心掛けることは、最低限の生活費を理解していることが大事です。

最近のアメリカの若い世代は、最低限の生活費を貯めて、アーリーリタイアする人がいるそうです。

シンプルがゆえに欲がなく、無理のない範囲でリタイアするのは、理想的な生活スタイルとも言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする