いま「フルローン」で不動産投資ができる確実な方法

フルローンが出始めたのは本当か

わずかでありますが不動産投資の融資が出始めているとの情報が出ています。

以前ほどの異常な融資は無くなり、正しい「不動産投資」が活況することは良いことだと思います。

中でも「フルローンが出来ました」というような話も出てきます。

フルローンとは

とは、不動産投資に必要な物件の購入金額を自己資金なしで、すべて金融機関からの融資で調達できるローンのことじゃ! すなわち頭金0円、物件価格の100%を借入れで賄うということじゃな! フルローンは、その内容から「全額融資(全額ローン)」とも呼ばれています。

引用:不動産賃貸経営博士より

スルガ銀行の不正融資以来、地方銀行をはじめとした金融機関が自粛をしていましたが、さすがに融資をしないとビジネスが成り立たないのでしょうか。

地方銀行辺りが融資先に地元の中小企業にするよりかは、不動産関連に融資したいという傾向がまだ根強くあるのかもしれません。

情報に信憑性がないものの「フルローンが出た」という噂は、不動産投資が再び盛り上がるきっかけになるかもしれません。

いま確実にフルローンを出す方法

個人的にはフルローンは、資産形成には時間がかかるということから肯定的ではありません。

しかし、手持ちの資金(頭金)が少ないが、早く投資用不動産を購入したい人からすれば、選択した方法の一つでもあります。

不正融資が横行した際には、「通帳の改ざん」や「二重契約」などで半ば強引に「フルローン」をグレースキームを不動産業者が引き出していた事実があります。

一部の金融機関では不動産会社と結託していたかのような状況ですが、さすがに金融庁の指導もあり、グレースキームは禁止です。

確実にフルローンが出せるための方法には2つのポイントがあります。

一つ目のポイントは「良い物件」を探すことです。

言わずもがなではありますが、評価に値する物件を確実に探すことです。キャッシュフローが出るからと言って耐用年数越えに長期間融資は出ません。

そして二つめのポイントは「法人」にすることです。

一般のサラリーマンでも「フルローン」が引ける時代もありましたが、今は無理な条件です。

確実なのは法人(事業者)になることです。

法人と言っても実質個人である「資産管理会社」では成り立ちません。

なぜこのようなことができるかというと、先ほどの中小企業向けに融資は行うということから「法人部門の融資」はそこまで絞られていないからです。

そして事業者としても金融機関から付与される格付が高くなければいけません。

1年、2年で準備できるものではないから、初心者には難しいです。

しかしあきらめてはいけません。

さらに裏技的な話になると、最近の流行りで「跡継ぎがいない零細企業を買収」する方法があります。

サラリーマンでも数百万円で会社社長になることができる時代なのです。

小規模でも実績があり黒字経営の会社であれば、銀行からの融資で優位になります。

会社買収となるとそれなりの専門性が必要になりますが「フルローン」ができる可能性が高くなります。

個人的にはそこまでして「フルローン」が本当に必要なのかとは思いますが、「フルローン」を確実に得る方法としてはアリなのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする