不動産投資で本当に欲しいのは「お金」ではない

不動産投資で本当に欲しいものは何か

不動産投資」は名前から連想するに「お金を稼ぐこと」を実現するために始めることが大半だと思います。それは根本的に

今の給与では生活するには大変だから「お金」が必要

少し贅沢をしたいので「お金」が必要

中には、将来の資産形成のために「不動産投資」を始める人も多いと思います。

特に高齢者の方は家族に残すためと言うことで現金を不動産に変えるということになります。

投資を始める目的には様々なものがありますが、最終的には「お金の苦労と不安から解放された人生」を求めているです。

有名な投資本から引用すると「経済的自由(ファイナンシャルフリー)」ということを実現したいのです。

不動産投資は、安定収入による「安心感」

不動産投資をしている方のコメントの中で「どのような時でも安定的な収入がある」と言うことを掲げていることが多いです。

「働けない状態になっても安定的に収入を得ることができること」は凄いことだと思います。

個人的には安定感に繋がる「安心感」が大きいと思います。

普通に生活していても「現金」が増えていく「安心感」

時間がたてば返済が完了し「資産形成」がされる「安心感」

副収入があるので、新たなチャレンジをしても大丈夫だという「安心感」

この精神的な支えがあることにより、仕事でも私生活でも思い切ったことができるのだと思っています。

また、その「安心感」は投資額に比例するものではありません。

「不動産を所有することで家賃収入がある」と言うことだけで達成されます。

私も最初に購入にした中古区分ワンルームマンションから毎月2万円入ってくることに感動したのを覚えています。

株式投資でも多く増やすことができなかった自分にとっては新たな発見でした。

周囲の成功話や拡張していくスピードなど知ってしまうと「自分の方針が間違っていないか」と考え始めることもあります。

しかしそれは「不動産投資ゲーム」に参加しているだけです。

「不動産投資」の目的は「ゲームに勝つこと」ではなく「安心感のある生活を得る」ことだと思います。