不動産投資は「少し余裕なくらいのお金」を得るのが丁度いい

今の時代に年収アップは難しい

副業をする目的として、やりがいやスキルアップが挙げられますが、大半はお金を増やすことだと思います。

生活に余裕を持たせるためや足りない教育資金やマイホームのためなど、お金を増やす目的は様々です。

お金を増やすためには、本業がある人なら年収を上げることが考えられます。

具体的に年収を上げるには昇格による昇給や転職などが考えられるでしょう。

しかし今の状況では良い成果を出しても、年収が月に2万円も上がれば良いほうです。

最近ではベースアップせずにボーナスで年収が高いように見せている企業もあります。

ボーナスは、基本的には業績連動による金額なので不安定です。

確実に年収アップできるとは言い難いのが現状です。

また年収アップの転職もおススメしません。転職の大半が年収ダウンしているのが実情です。

年収アップのポジションは、専門性が高いかマネジメントスキルを求められる場合が多いのです。

会社とマッチすれば問題ないですが、思いの外、実力が出しきれなかった場合は最悪です。

年収ダウンをして、次の会社への転職条件も厳しくなります。何のために転職したのでしょう。

副業が一番リスクが少ない

年収の上げ幅や転職の手間やリスクを考えるのであれば「副業」が一番選択肢としてはベストです。

今すぐに年収を上げることも可能でだからです。

あと5万円あれば余裕のある生活が出来るはずと思ったことは多いのではないでしょうか。

サラリーマンで自由に使えるお金が5万円あれば、かなり精神的に楽になります。

週一回の飲み会でも月一回のゴルフでも気兼ねなく出来るのではないかと思います。( 本来であれば浪費より投資に使うべきですが、、 )

リスクなく増やすには副業が良いのです。

時間を最小限に抑えられるのであれば、不動産投資は最適です。

不労所得と呼ばれるくらいに、物件さえ間違えなければ安心して収入を得ることができます。

少し余裕があるお金くらいがちょうどいい

でも注意しなくてはいけないのは、不動産投資で得る金額に上限を最初はつけるべきです。

人間ですから欲が出てきます。5万円稼げたら10万円、10万円稼げたら20万円と突き進んでいきます。

しかし本当は5万円で良かったはずなのに、次から次へとゲームように増やしていくのはリスクを伴います。

もちろん稼ぐことは悪いことではないです。

しかし当初は「少し余裕があるくらいのお金」を達成するくらいがちょうどいいです。

「少し余裕があるくらいのお金」はいくらなのかは、その人の生活レベルにもよります。

一般的なサラリーマンであれば5万円、多くも10万円くらいではないでしょうか。

「少し余裕があるくらいのお金」が副業して一番良かったと思える金額だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする