サラリーマンによる「不動産投資」で心掛けるべきこと

不動産投資では無理をしない

サラリーマンでの不動産投資で心がけることは、「無理な拡大をしない」ことです。

昨今の不動産投資状況が芳しくないので、属性が高い人で不動産投資の初心者が参加することができなくなりました。

数年前に購入をして実績のある人でも、新たな融資への評価が厳しくなっているのが現状です。

私も頭金を3割積まないと融資が難しいと言われたので昨年から購入を止めています。

そんな中で融資が出たからラッキーと思って、不動産投資を拡大するのは早合点です。

不動産経営を生業としている専業大家ならまだしもサラリーマンは無理をしてはいけません。

そして本業の給与を持ち出しするような状況は成功ではなく損失であることを理解しないといけません。

規模を拡大するのではなく返済をして利益を確保することを優先するべきです。

流行りの投資に飛びつかない

専業の不動産投資家は、既存の住居系、テナント系の不動産投資が厳しくなるまえから、多ジャンルへの投資を行っています。

具体的には「コインランドリー」「民泊」「シェアハウス」などあらゆる不動産関連に積極的に投資をしています。

最近では「ホテル事業」や「店舗運営」まで拡張している方もいます。

これは不動産を専門にしているからできるのであって、サラリーマンはむやみに飛びつかないほうが良いと思います。

「不動産投資」以外の選択肢も考える

サラリーマンでの不動産投資において、融資面で限界があって拡張できない時があります。

それでも収入を増やしたいのであれば、不動産投資以外での選択肢を考えるほうが利口です。

副業で年収を増やす方法はここ数年で本当に増えました。

インターネットとパソコンさえあれば、月に数万円の小遣い稼ぎ程度は可能です。

不動産投資は継続的な収入や資産価値の面では、間違った物件さえ購入しなければ良い投資だとおもいます。

しかし不動産投資だけの収入に頼るのは、これからの市場ではリスクが高いです。

長期保有を前提に返済して無担保の物件になれば大きな収入源となります。

それまでにどうしても収入は必要になれば、別の収入源を持つような行動に出るべきだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする