メガ大家も不動産が購入できない時代

メガ大家でも融資が厳しくなった

不動産投資の融資に対する動きが明確になっている気配です。不動産投資関連の書籍を出しているメガ大家(資産数十億円)と呼ばれる方々も銀行からの融資が出ないという状態です。

不動産投資のセミナーへの登壇や勉強会を主催している方で、不動産投資業界でも有名な方でも厳しいとなると、しばらくは静観するしかないかもしれません。

その方の話によると実際には、昨年春のスルガ銀行の不正融資発覚前後から融資が厳しくなったとしています。

その時点から新規での投資を止めているとのことですが、先の見通しが立たなく賃貸経営が停滞している模様です。

すでに不動産投資としての旨味がない状況

数年前からの物件価格が高くなり利回りが下がっているというのは、中古、新築問わず同じ傾向です。

それでも収支が合う融資条件を引き出しては、物件購入をし続けることができたのがメガ大家の方々のスゴイところです。

しかしながら金利を低くなり、普通に頭金を2割、3割など融資条件が厳しくなり「投資妙味が薄れている」といいます。

その条件で儲からないということがわかっているのであれば、わざわざ無理をして購入する必要もありません。

同じ大家でも買い続けることができている人もいらっしゃるようですが、一部の方だけかもしれません。

メガ大家ともてはやされた方々は本はおろかセミナーにも登壇しなくなり、メールマガジンやSNSの発信さえなくなってきました。

購入し続けなくてはいけない専業大家

サラリーマンの不動産投資であれば、の給与収入があります。

不動産投資ができる方なので本業の給与だけでも十分に生活ができる方が大半だと思います。

しかしセミリタイヤをして専業大家になった方々は、生活費含めて家賃収入で対応をしていかなくていけません。

一度購入したもので生活ができれば良いですが、そうでない物件を購入している場合はより安全な不動産を購入することが必要になってきます。

資産の入れ替えなどで物件の売買は必要になってきます。しかし今のような融資状況であれば実績のある有名な大家であっても買い控えをしなくてはいけない状況です。

専業大家はやはり難しいのか

先祖代々の土地を使って昔から専業大家をされている場合なら、無担保でのアパート経営が出来ており問題ないかもしれません。

しかしここ数年で専業大家になった人は、返済も多く残っている可能性があります。

そうなったときに専業だけの収入は今後不安定になるのかもしれません。

専業大家でも別のビジネスを考えていくのが自然な流れだと思います。

まったく別の仕事を考えていくほうが良いと思いますが、さらに不動産投資関連のビジネスに関与していく方々もいらっしゃいます。

具体的にはセミナーや大家塾を主催することです。

しかし実績を持っているからこそできる話ですが、すでに数年前の方法では通用しないのが現実なので説得力がなくなっているのかもしれません。

単純に「時間が欲しい」「経済的自由が欲しい」と理由でサラリーマンから専業大家になることは理想の選択肢ではなくなったのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする