月1万円からできるREITは本当に儲かる投資なのか

「不動産投資」を手軽に体験できる方法

不動産投資を始めるのに「いきなり借金はできない」と思う人は多いと思います。不動産投資をするうえで誰も考えるハードルの一つです。

そういう時に同じ「不動産投資」の名前がつく「REIT(不動産投資信託)」を考える人も多いと思います。

不動産投資で新築ワンルームマンションであれば「10万円から出来ます」と言ったようなセールストークを出すことがあります。

REITはさらに少額で「1万円で出来ます」という内容です。

そこまで「安い」と考えるならば試してみようと思うのではないでしょうか。

1万円からできる不動産投資信託とはどういったものなのでしょうか。

少額での不動産投資には2種類ある

少額での不動産投資には大きく2つ存在します。

一つはREIT(不動産投資信託)」です。

もう一つは「不動産小口化商品」です。

REIT(不動産投資信託)

REIT」とは「Real Estate Investment Trust」の略です。

日本語では「不動産投資信託」とも呼ばれる金融商品です。

言葉後半の「投資信託」と書かれているように一般的な「株」による投資信託と同じく「不動産」による投資信託になります。

まずは投資家から資金を集めます。

そして対象となるオフィスビル、マンション、商業施設など複数の不動産を購入します。

そこからの賃貸収入や売買益を出すことで、投資家に分配される仕組みになっています。

株式と同じように証券取引所を通じて売買ができるため換金性が高いのが特徴です。

また一般的な不動産投資のように、売却時に時間がかかりにくいことげメリットになります。

不動産小口化商品

「不動産小口化商品」は聞きなれない言葉だと思います。

こちらは複数の投資家が出資した資金を原資にして現物の不動産へ投資します。

賃料収入や売却益を出資者に配分していくものです。

不動産小口化商品は、組合、または出資者で共同所有し、その利益をシェアするという投資方法です。

REITと異なるのは、対象となる組合に出資(または出資者の共同出資)いう形で投資します。

また換金の方法は2つで「営業者買取」「第三者譲渡」になります。

不動産小口化商品の販売は、「不動産特定事業法」の認可を受けた事業者だけが出来ることになっています。

利益が出る確率が高い投資

両方の投資方法は、少額でも不動産投資と同じような利益を得ることができます。

ローンをすることなく投資できるので現物の不動産投資よりかはハードルが低くなります。

また、銀行預金よりも高い利回り(平均3%)は得ることができる可能性が高いのも魅力です。

新築ワンルームマンションの利回りを比較しても変わらない(借入がないのでむしろ良い場合がある)条件で運用できるのです。

1万円でできる「少額不動産投資」はリターンとなる「利益」を受ける確率は高い儲かる投資だと思います。

セミリタイヤはできない不動産投資

ただし、両方とも短期間で大きく儲けることは不向きの投資です。

銀行からお金を借入することができないので上限があります。

現物の不動産投資のように一般的な給与以上のリターンを得てセミリタイヤすることはかなり難しいです。

不動産投資でのお金の流れを理解しつつ、コツコツと積み上げていくことを好むのであれば向いています。

それでも物足りないのであれば本格的に「中古ワンルームマンション」や「小規模アパート」を挑戦していくのが王道かもしれません。

REITは少額で投資をしていますが、投資額に対して20%前後の結果を出していますので、全般的には良い金融商品かと思います。

現金を持っていて再投資するのであれば良い投資先だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする