「お金」を増やすための投資の絶対法則

お金を増やす「仕組み」づくりが必要

普段の生活を安定するため、少しでも余裕のある暮らしをするためには「お金」が必要です。

サラリーマンであれば給与所得により「お金」を得ています。給与所得で足りていれば幸せですが、足りないのであれば「増やす」ための行動に出るしかありません。

「節約して支出を減らしてお金を貯める」という方法も正しいですが「増やす」ということはできません。

「お金を増やす」には「増やす仕組み」が必要です。その「仕組み」の一つの方法として「投資」があります。

お金を増やすためには「投資」しかありません。世の中にお金持ちと呼ばれる人は何かしらの「投資」を実践しています。

「投資」を成功する絶対的なルールとは何か

では「投資」という名前をつくものあれば、何をやってもいいかというわけではありません。

また、「たくさんのお金を投資すれば絶対に儲かる」ということでもありません。

「お金」を増やすためには投資をする基本的な考え方があります。

法則1 お金を減らす投資をしない

「節約して支出を減らしてお金を貯める」という考えにも通じることですが、基本リスクの高い投資はしないことです。

リターンがある投資することで「資産を減らす」ということをしてはいけません。

運用リターンは少なくても「資産」を減らさないということが最優先です。

法則2 投資先を一つにしない

投資で「資産で減らさない」ということ実現するには、決して投資先を1つに絞らないことです。

複数の投資先に適切な投資額を行うことで全体的なリスクを軽減してリターンを得るようにします。

「アセットアロケーション」と呼ばれる基本的な方法で年にリターンを3〜4%維持することを目標とします。

金融商品だけの投資でも「株式」「債券」「国内」「海外」と組み合わせることで、個々の資産を長期的に安定運用することができます。

法則2 現物資産を持つ

アセットアロケーションを意識することで選択肢が広がります。

通常の投資といえば「金融投資」が思いつくかと思います。特にインターネットが普及してからは「株式」でも「債券」でも手軽に購入することができるようになりました。

最近では「ポイント投資」と呼ばれる投資も人気になっており、ネットショッピングで貯まったポイントを投資することができ若い世代に普及しつつあります。

本当の富裕層はここかた「現物投資」へとステージを上げていきます。

有名な現物投資は「不動産」や「絵画」「アンティークコイン」「ワイン」などです。

不動産は家賃収入と言う点では「投資」としては理解しやすいです。「絵画」や「ワイン」は趣味のようにも思えますが、値上がりが期待できる投資対象としては確率しています。

幅広く投資することが「お金」を増やす鉄則

私も「不動産投資」は安定的に資産と現金を増やすことができる「投資」としては評価しています。

当然リスクもあるので、株式投資もしていますし、その他の投資をするために知識を得るために勉強をしたりしています。

「投資」は「すぐに儲からないといけない」とギャンブル的に捉えてしまうといけません。

一つのビジネスであり事業としてみていけば、すぐに儲からなくても長期的に考えることができます。

長期的に投資を行うのには、幅広く投資することが基本になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする