本当のお金持ちはブラックカードを選ばない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックカードを持っている人がいるのか

世の中はキャッシュレス社会に移行しつつあります。電子マネーやQRコード決済も使える店が増えてくれば、ポイントも付くし、小銭を管理しないので非常に楽です。インターネット経由で入金も簡単にできますので、本当に銀行ATMに行くことがなくなりました。

キャッシュレスの中で一番活用するのは、やはりクレジットカードでしょう。アメリカではQRコード決済が流行らないと言われています。

その理由として挙げられるのはキャッシュカードの利用率の高さにです。一枚のカードでスーパーから家電から何でも買い物ができることの便利さには勝るものはないのでしょう。

資産家のようなお金をたくさんもっている人も当然クレジットカードを使っているのですが、お金持ちの象徴である「ブラックカード」を持っている人はほとんどいないと思います。

私も今までブラックカードで支払いをしている人は一人しか見たことがありません。(ITベンチャーの経営者の方で、アメックスのブラックカードでした。)

その次のランクのプラチナカードもそこそこいましたが、大半はゴールドカードが多いと思います。ブラックカードであればショッピング枠は数千万もあると言われているので高級外車やマンションも買えることになります。

ブラックカードがコストパフォーマンスが悪い

現実的にそこまで一気に高額の商品を購入することはないと思います。

そのほか飛行機の座席アップグレードや予約困難なレストランやホテルを抑えるコンシェルジュサービスや各種保険なども手厚い内容になっています。しかしながらそこまで使いこなせる人は本当に少数なのではないでしょうか。

「プラチナカード」も年間10数万円支払うとアップグレードできますが、特典内容もステータスシンボルとしても中途半端なのかもしれません。おそらゴールドカードがコストパフォーマンス的に一番良いのではないかと思います。

自分の消費生活に見合った特典やサービスでなければ、無理をしてカードをアップグレードする必要がないと思います。むしろコストパフォーマンスにあったカードを選ぶべきかと思います。

世界の大富豪、ビル・ゲイツ氏が持っているのはアメックスの一般カードだという話があります。本当の資産家は、単なるステータスのために「ブラックカード」や「プラチナカード」を持つのではなく、コストパフォーマンスを重視しているのかもしれません。

不動産投資をするならクレジットカードが必須

不動産投資は購入する際は銀行の融資が必要ですが、運用費をクレジットカードで大半を対応できます。

・光熱費
・インターネット費用(無料で入居者に提供)
・各種税金(固定資産税など)
・交通費など

必要経費で数百万は使うことになりますので、マイルやポイントを効率的に貯まります。さらにゴールドカードであれば一般カードよりも還元率が良いです。

ゴールドカードも無駄な年会費かと思っていましたが、不動産投資をすると活用する場面が増えます。

不動産投資とクレジットカードは相性が良いと思います。かつコストパフォーマンスが良いゴールドカードの一択になると思います。

「不動産投資」の場合、個々の所有物件にもよりますが、年間で百万円近く税金が納めているのであれば、クレジットカード利用でお得です
マイルを貯めることに思い立ったのか、それは不動産投資でかかる経費がクレジットカードで大半対応できるようになったからです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加