不動産投資からビジネスを広げていくほうが効率的

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有名人プロデュースのブランドが全店閉鎖

モデルでタレントの梨花がSNSを通じ、自身が手掛けるブランドショップについて、年内をもって全店閉鎖すると発表しました。有名タレントによる話題性のあるショップでも継続することの難しさを露呈した形になりました。

ネットでの意見では商品が高額であったという意見もありました。タレントとしての露出も少なくなり一部のコアなファンが支えていたのかもしれません。

サラリーマンやOLの方でも「自分のお店を持ちたい」と思う人は一定数いると思います。カフェや雑貨店、ネイルサロンなど昔からの夢を実現するために会社を辞めて独立されます。個人の夢を実現できることは素晴らしいことだと思います。勇気と努力がなければ実行まではできません。

しかし飲食店の開店して2年以内で50%が廃業するという事実があります。10年継続できる店は1割程度という厳しさです。街中でもカフェや居酒屋オープンしたと思っても数ヶ月も経てば閉店していたなどの経験はないでしょうか。

▼1年未満で廃業・・・34.5%
▼1~2年で廃業・・・15.2%
▼3~5年で廃業・・・21.0%
(2008~2013年 居抜情報.COMまとめ)

インターネット通販ビジネスも難しい

小売店だけではなくインターネットでの通販も難しいジャンルの一つです。特に無料で簡単に出店できる環境になっているで参入者も多くなってきます。

・資金が必要

・在庫が発生する

・仕入れ、出店(出品)、商品発送がある

・アフターケアが発生する

・個々の顧客対応が必要

・競合との価格競争に勝たねばならない

・人手が必要な場合がある

・赤字になる可能性がある

商品を集めるのにやはり資金が必要だということが最初のネックになると思います。自分の貯金の範囲でできるレベルではない場合だとしたら、銀行や誰かしらに借金をしなくてはいけません。先行投資とはいえ必ず儲けることができるとは限りません。

不動産投資を始めてからのリアルビジネス

同じ資金を使うビジネスとした場合、「不動産投資」は比較的安定した収益を得ることができます。リアルビジネスをするにも「不動産投資」をしてから安定した収入を得てからでも遅くはないと思います。

昔の副業の本を見ると大抵が下記のような「すごろく」を指南していたりします。

1.ブログで広告収入

2.中古品など通販

3.仕入れによる通販

4.株式投資

5.不動産投資

少ない資金から始めて、最後に「不動産投資」を実現して「不労所得」と「資産」を得るというのがゴールのようです。しかし今の時代、インターネットも競合が多いので簡単にはステップアップすることが難しくなってきたのではないかと思います。

むしろ「不動産投資」から始めて副業のバリエーションを増やしていくほうが堅実なのではないかと思います。特にサラリーマンであれば、厳しくなったとはいえ銀行からの「融資」を受けることができる強みをもつこともできます。

1.不動産投資

2.ブログで広告収入

2.中古品など通販

2.仕入れによる通販

2.株式投資

不動産投資からビジネスを広げていく、自分の夢であるお店を出すことをかなえていくという発想のほうが近道なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加