資金確保のために貯金ができる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ad]
年始の目標として、サラリーマン大家になるために「今年こそは不動産投資を始めたい」と思っている人も多いかと思います。年内に一棟購入したいと思うのであれば、決して早い決断ではありません。

しかし今の金融機関の方針としては、頭金となる資金が必要になります。諸経費のみを用意するフルローンや全く頭金を出さないオーバーローンは、もはや初心者には出来ない条件になります。( 一部の地方銀行では、金利は高めですが、まだフルローンが出来るようです。 )

住宅ローンではないアパート専用ローンとなると購入価格の2割できれば3割は必要になります。5,000万円の小規模アパートでも1,000万円から1,500万円必要になる計算になります。

自分の貯蓄状況にもよりますが、全く貯金ゼロからでは年間100万円貯めれたとしても10年から15年かかります。貯めるためにはやはり努力と揺るぎない意志が必要です。

支出を減らす

一番早い方法だと思います。無駄な消費、浪費はこれを機会に無くします。どうしても必要な場合は、比較してコストパフォーマンスが良いものを選びます。

必然とインターネットでの買い物で価格を比較しがちですが、実店舗のほうが安い場合もあります。水を毎週ケースごと購入するのですが、Amazonより地元のスーパーのほうが断然安いです。

最初は時間がかかりますが、特に日用品などは比較してベストなものをインターネットと実店舗を比較してベストなものを知っておいたほうが良いと思います。

強制的に貯金する

財形がある会社であれば利用するべきです。最初から天引きするのが一番確実に貯めることが出来ます。その分収入がなかったものとして生活したほうが、無駄な消費を防ぐ意識が高まります。

借金をしない

カードや銀行などでキャッシングしている人は貯まりません。リボ払いも要注意です。無駄な利息を支払うことになります。収入に合わせて計画的に生活できなくなり、金融機関の評価に影響します。

副業をする

支出を減らして収入を増やすことが出来れば、一番早く資金が貯められます。インターネット環境があるなら、フリマアプリで販売するもよし、クラウドソーシング経由で短期間の仕事でもよし、まずは自宅で出来ることわ始めては良いかと思います。

インターネット系での収入実績を積んでいけば、将来的には不動産投資と合わせて安定的な副収入になる可能性もあります。

資金を集めることは簡単ではありません。時間もかかりますし、何よりも目的を達成する意志を持って挑まないといけません。

フルローンやオーバーローンで簡単に不動産を購入できる時代ではなくなりましたが、その分堅実な意識を持って続けることが出来る人が金融機関からも評価されるようになっていくのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加