投資用不動産価格は値下がりしているのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資物件は値下がりするのか

不動産投資に対する金融機関の審査が厳しくなったと言われていますが、対象となる不動産投資物件の価格はどうなっていくのでしょうか。

不動産投資物件は、住居系とは異なり多少の条件が悪い土地でも収益性があれば評価して融資を受けることができました。

金融機関の評価の基本としては、土地および建物に対する積算評価になります。しかし融資することがメインビジネスとなる金融機関にとっては、積算評価が出なくとも融資先を探すことが必要です。

金融機関の統廃合もある情勢のなかで、生き残りをかけて競合に負けないためにも収益価格での評価に偏りせざるを得なくなっていったのだと思います。

その顕著な動きの結果、スルガ銀行などの不正融資問題が表面化してしまったのです。報道された以降、ほとんどの金融機関が積算価格を重視するようになっていると思われます。

収益価格であれば大きな融資額を引き出しができたので、数多くサラリーマンが不動産投資を始めることができましたが、そのスキームがもはや通用しなくなってしまいました。

不動産価格は下がっていない

融資がおりないのであれば、投資用不動産が売れ残り価格は大きく値下がりしているのかと言うと、現状大きくは下がっていない印象です。

サラリーマン大家がいっきに増加する前の価格にもなっていないと思います。アパート会社に聞いてもさらに利回りが低くなったとの話です。

積算ではおよそ評価されない物件に無理な融資で購入した不動産投資市場でしたが、通常の利回りに水準に合わせた価格に適正化されたのではないかと思います。

これからの不動産投資は、収益価格と積算価格のバランスがとれた不動産を探すことが必要です。実際にはまだまだ多くあると思います。

多くの融資を引き出すことだけでなく、不動産に対して正しい資産評価に対応できる不動産投資コンサルティング会社などが出てくることで、不動産投資は従来の安定化が図れるのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加