不動産投資がやりたいのにできない人へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか不動産投資ができない人へ

「不動産投資」は、イメージを持っていても中々思うようにはできないものです。「少し余裕のある生活をしたい」「資産形成をしたい」「教育費に充てたい」と人それぞれに目標があって始めたいのに、すぐにはできないのが現状かと思います。

やりたいのではなく「やってみる」ということ

それなりのお金が動くので、リスクがゼロというわけではないです。しかしやらないことには始まりません。少額でするなら中古区分ワンルームマンションでも良いと思います。ローンを組みたくないのであれば、現金を貯めて築古戸建でやってみるというのも一つの方法です。

私もある出来事をきっかけに、勢いで中古区分のワンルームマンションを2戸購入しました。売買契約も自宅以来でしたが非常に勉強になりました。銀行への交渉も中古ワンルームマンションの取扱会社経由でしたが、金利の考え方や融資の進め方は担当者から丁寧に説明をいただいたので、今の基本の知識となっています。

一番知ってよかったのは、税金に関することです。サラリーマンだけの経験であれば、確定申告の重要性を理解せずにいたと思います。住宅ローン減税で恩恵を受けるだけでなく様々な税控除などを知ることができ、ほとんど縁のないと思っていた税務署にも年に数回は行くようになりました。

今では自ら青色申告をできるくらいになり、税金を深く知ることはとても大事だと改めて思います。キャッシュを稼ぐということだけでなく、社会の仕組みを知る上でも不動産投資は良い経験になります。

「不動産投資」に限らずですが、実際にやってみることができるということは、それだけの胆力(事にあたって、恐れたり、尻ごみしたりしない精神力。ものに動じない気力)があると思います。

「不動産投資」はキャッシュフローなどの金額での「勝ち負け」にこだわってしまいがちです。しかし「儲けの金額」だけではない大きな経験をすることができます。本やセミナーだけでは知ることのできない達成感があります。

仕事がら、IT関連の経営者と話をする機会がありますが、経験者の方の多くの人から似たような発言で「今やらなければ、次がないと思ってやる」という内容のことをよく聞きます。改めて自分でも身に染みて理解できる内容です。不動産投資も同じく「やりたい」と思えるのでれば「やってみる」が一つの答えだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加