補償金額を5億円まで上げる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火災保険は安心

アパート、マンションなどを購入して必ず火災保険に入る必要があります。昔からアパートを持っている方で、有効期限が切れている場合もあるかもしれませんが、絶対に入っておいたほうが良いです。

銀行の融資の際には、必ず10年間の火災保険は入ることが条件になっていますので、いろいろな火災保険を比較検討することが必要です。

基本的な契約内容でも問題ないですが、物件内容によっては、「特約」をつけたほうがいい場合もあります。

必ず付けたほうがいい特約は「施設賠償責任保険」です。これは、少ない掛け金になりますが補償額が大きいのでオーナーにとっては、非常にありがたい特約になります。

下記のようなケースで補償を受けて、損害を賠償してくれるのが施設賠償責任保険です。

・外壁が剥がれ落ちて通行人にケガをさせた
・共用部分で入居者が転倒してケガをした
・水漏れを起こして入居者の家財が故障した

施設が何らかの損害を人に与えた場合に適用されますので、アパートをオーナーは必ず入っておくべき特約です。

補償金額は5億円まで上げることができる

損害保険会会社からの説明をされると「施設賠償責任保険」の補償限度額は、通常は1億円だと案内されます。1億円でも非常に大きいと思ってしまいますが、実は損害保険会社によっては、5億円まで上げることができるのです。一度設定すると何度も補償が受けられます。

契約期間が10年間であっても数千円の追加費用で変更ができるので、大変メリットがある内容です。私は、東京海上日動火災保険で火災保険を設定しているので、5億円まで対応できました。他の損害保険会社ですと3億円になっている場合もあるようですので、営業担当に確認することをお勧めします。

新築アパート、中古アパート問わず損害が発生してからでは遅いので対応されていない場合は、電話でも即日追加できますので対応したほうが良いと思います。

損害保険会社の方に聞いたのですが、損害内容の見方によっては修繕費以上に支払いを受けることもあり、思わぬキャッシュフローが改善される場合もあるようです。その際は保険会社の協力も必要です。少しでも被害があったと思った場合は判断ができなくても、損害保険会社の方曰く、すぐに連絡をしたほうが良いようです。

もちろん被害がないことが大前提ですが、火災保険の特約である「施設賠償責任保険」はリスクが回避できるので、必ず入っておいたほうがいい特約です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加