アパート会社によって営業スタンスが大きく異なる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資は、対面取引が前提

不動産投資は、オンラインショッピングのようにインターネットで完結いたし日々効率的かつ便利になったとはいえ、対面取引が基本です。そうなると不動産を相談、購入するには窓口となる営業の方の役割が大きくなります。

アパート会社、不動産仲介会社など色々な営業の方に接すると様々なスタイルを感じることがあります。同じ物件を取り扱っていても、営業担当によって物件の見方が異なり、本来の価値も変わってきます。

対面取引を基本とした不動産投資であれば、それだけ営業担当は重要なのです。とはいえ、完璧な営業の人は中々いません。

「レスポンス早いが、税金関係があまり詳しくない」
「融資に関しては最新情報を知っているが、建物仕様の知識が少ない」

色々な会社の営業担当と話すことで特性とスタイルが見えてきます。

積極的な営業担当が良いとは限らない

1番良さそうで、中々先に進めないのが「物件情報をドンドン提案してくる」営業の方です。良い物件が入るや否や提案してくれますが、物件スペックに合わせて連絡をしてきます。

「キャッシュフローが出ます」
「フルローンいけます」
「大規模修繕済みなので、管理コストはかかりません」

一般的には悪くはないのですが、それがお客さんにとって良いものなのかの提案が出来ていません。要するに売り切りたい意識がアリアリなのです。

以前会ったアパート会社の方に「いまの条件なら、融資付けが容易なのでドンドン行きましょう!」と言われて申し込みを断ったことがあります。物件が良いから、( 属性が良いなら )どんなお客様でも提案していくスタンスなのです。

メンターよりも立場を理解して提案してくれる存在は重要

やはりお客様の希望に合わせて提案してくる営業スタイルが望ましく、購入者からみても安心して相談できます。希望する条件を的確に提案してくれる会社は、無理な条件の物件を当てはめて、提案することはありません。

物件のデメリットも正直に伝えてくれますが、同時に改善策も提案してくれます。時には、購入を止めさせることもあります。お客さんを損させない自信があるのです。それだけ本人の立場を理解しての物件なので、結果申し込み、契約につながりやすいのです。

不動産投資を成功するには、まずは、メンターが必要だと言われたりしますが、同様にこのような営業担当に出会えさえすれば、不動産投資は成功する確度が高くなると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加