不動産投資は効率的にマイルを貯めることができる

マイルを貯めるようになったこと

今まで、クレジットカードのポイントはそこまで気にかけていませんでした。

生活費でかかるものとして光熱費、通信費(携帯電話)、食事代くらいしか掛けていなかったので、そこまで高額にはならず、付帯のポイントを貯めている程度でした。

しかもそのカードも仕事関係でとりあえず入っていたくらいのものでしたが、今考えると非常にもったいないことをしていました。

不動産投資をされている方は、かなりマイルに関しても詳しい方が多いと思います。

不動産投資家(サラリーマン含む)の方のブログを見てみると、マイルに関して記述されている方が多いです。

マイルに詳しい方だと、効率的にマイルを増額で貯める方法を的確に書かれています。

なぜ、マイルを貯めることに思い立ったのか、それは不動産投資でかかる経費がクレジットカードで大半対応できるようになったからです。

不動産投資ならではのクレジットカード払い

私は、青色申告では、事業的規模(10戸以上)になっていますので、対象となるものとして下記が挙げられます。

【経費】
・固定資産税
対応していない自治体もありますが、都市圏では導入が多くなっています。
名古屋市の物件があるのですが、来年度より導入予定のようです(個人的には非常にありがたいです)

・不動産取得税
取得した年に「土地」翌年に「家屋(建物)」の請求がきます。こちらも自治体によってはクレジットカードでの納入が可能です。

・光熱費
電気、水道など

・通信費
賃借人には無料でのインターネット費用を提供

・交通費
各物件を年に1~2回は訪問

・接待交際費
不動産投資家同士の飲食代、各管理会社に訪問する際のお土産など

・新聞図書代
不動産関連の図書や新聞の購読費

・備品
不動産投資関連で利用するパソコン代など

個人的にはクレジットカードによる固定資産税の割合が大きいです。

今までであれば、現金振込(銀行からの引き落とし)かコンビニエンスストア払いがメインでした。

金額によっては、nanacoカードを使ったクレジットカードもできるようですが、各期ごとに支払いが発生するので、個人的には面倒に感じていました。

クレジットカード払いを普段の生活費と合わせると300万円以上にはなると思います。月にすると25万円以上です。

不動産投資をしていなければ、個人的には実現できない金額です。

マイルを貯める当面の目標

この300万円を超えると、あるクレジットカード会社ではステージが高くなり増額でマイルが貯まるようになります。

完全な試算ではないですが、普通に生活をしていても50,000~60,000マイルは貯まるのではないかと思います。

家族で年1回は国内旅行できるくらい貯められるかを当面の目標にしたいと思います。

それ以外もポイントサイトを使うなど、いろいろアップできる方法があるようですが、今後いろいろと調べていきたいと思います。

いずれにしても、不動産投資をされている方は、マイル好きでマイルがとても詳しい方が多いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする