まずは月に20万円のキャッシュフロー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンの方だと、月にあと10万円(年間120万円)自由に使えるお金が増えたら、どれほど楽になるだろうと思ったことはないでしょうか。

教育費、住宅ローンの返済、車の維持費など毎月ギリギリの家計でやりくりをしているのであれば、10万円の破壊力は大きいと思います。

また老後の年金生活の記事で頻繁に書かれている、満足に生活できる金額は月に38万円とされています。

年金を受給できる金額が、夫婦で月に22~23万円とすれば、15~16万円は追加で収入が必要だという計算になります。
※この辺りの話は、不動産投資のセミナーでもよく使われるくだりです。

現状の生活向上と年金生活を考慮して、まずは安定的に月のキャッシュフローを20万円を目標にするのは良いかと思います。

年間にすると240万円なので、堅実な安定的な不動産投資であれば現実的な数値かと思います。

私の目安は、一部屋2万円のキャッシュフローになります。
目安としては、2万円×10戸=20万円です。

10戸となれば、事業的規模になるため、確定申告でも青色申告が認められて税制面でも優遇されます。

一般的な新築区分マンションであれば厳しい条件ですが、アパートなど1棟モノあれば可能性が高くなります。

キャッシュフローで1千万円には程遠いですが、投資金額もそれ相当になりリスクも高くなります。

今、必要な金額はいくらか
将来どれくらい必要なのか

周囲の景気の良い話に惑わされずに
まずは、堅実な月20万円のキャッシュフローを目指すのも良いかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加