副業を始めるのであれば、不動産投資からが良い

本業を伸ばすより収入ので複線化を推奨するような記事が多くなってきた感じがします。

すこし前までは、「転職でキャリアアップをして年収1千万円を目指せ」的なことが主流になっていたような感じがですが、そこまで望まなくとも年収をあげるためには所得の複線化(副業)することがこれからは大事になってきます。

大企業含めた副業解禁はこのトレンドを後押ししています。

自分の子供たちの時代には名刺を2、3枚持って仕事をすることが普通になるのではないかと思います。

副業を始めるには、どこからすればいいか

副業の目的には色々あると思います。
・収入をあげるため
・本業にはないやりがいのため
・新しいコミュニティの形成

しかしながら、やはり最初のモチベーションは収入をあげることからでしょう。

今よりは経済的にラクな暮らしがしたい、教育資金のためにお金を蓄えておきたいなどまずは、安定した収入の確保が大事です。

本業をしながらの副業は相当な覚悟がいります。

仕掛かりの資金、人脈も必要です。
個人的には時間が一番必要になると思います。
本業の仕事でも忙しいのに、さらに時間の確保は大変です。

ましては体が資本となる肉体労働的な副業は健康にも影響が出る可能性があります。

まずは最小限な時間と努力で効果的に収入をあげることが大事です。

肉体的な負担がないという観点からインターネットでのビジネスを考えてしまいますが、巷で流行っているようなブログでアフィリエイト収入は安定するまでは非常に時間がかかるので、開始当初は肉体労働と変わらないと思います。

安定した収入を確保するのでれば不動産投資

労働負担がなく安定した収入を得るには、仕組みが完成されてかつ、再現性があるものが一番効率的です。

その観点からも不動産投資は非常に適しています。
不動産投資は昔から存在している賃貸ビジネスなので、取り巻く環境(融資、管理会社など)もしっかりと構築されています。

様々な投資に関する本では、株式投資やオークション販売などで資金を貯めてから、最終的には不動産投資をゴールとしている内容が多いかと思います。

個人的にはある程度の資金があるのであれば、不動産投資から始めたほうが結果安定した収入の複線化ができるのではないかと思っています。

まずは収入を確保してから新しいことにチャレンジする

不動産投資は、ミドルリスクでミドルリターンと言われるように、物件選定を間違えなければ確実に収入は入ります。

私が不動産投資を開始したときは、利回りが低いですが、都内の中古ワンルームマンションを2戸購入しました。税引きでも3年間ではありますが、初年度から毎年40万円近くのキャッシュフローは確保できていました。

物件選定、契約(売買契約、融資に関する契約)の時間的な負担でしたので、費用対効果が高いと思っています。

ブログのアフィリエイトで初年度から年間40万円獲得することは相当大変かと思います。

まずは安定したキャッシュフローを獲得してから、そこからインターネットのビジネスなど始めるほうが時間的にも精神的にも効率的かと思います。

不動産投資だけで終わるのももったいないので、賃貸収入をベースに本当にやりたいビジネスを採算度外視で始められるほうがいいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする