自分の不動産投資スタイルは、ヒット型?ホームラン型?

高利回りの中古アパートは、初心者には大変そうです。
築古木造アパートで成功した不動産投資の本に感化されて、土地値のアパートから始める方がいらっしゃいますが、様々な経験がないとなかなか初心者にはハードルのある物件のようです。

対応できる金融機関が限られてくる

築古となると建物の耐用年数が短くなるので、借入ができる金融機関も限られてきます。
短期間での借入となると、高利回りでも思うようなキャッシュフローが出ない可能性があります。

ある程度の不動産投資の実績があれば、金利条件の良い場合もあるようですが
いずれにしても現金買いなど資金が潤沢でなければ初心者にはハードルが高いようです。

購入してからのコストがかかる

高利回りの物件は、満室の場合ということが前提になります。
(満室であれば早々、オーナーも売却しないと思います)

空室を埋めるために各居室のリフォームが必要になります。
場合によっては外壁や屋根などの大規模修繕が必要になることもあります。

結果、満室にするための運用コストがかかり、当初の購入金額でシミュレーションでは成り立たなく場合もあります。


経験を積んだことのある人であれば、リフォーム料金も想定して購入を判断することができますが、初心者にはそこまで対応ができないかと思います。

ホームランより確実にヒットが打てる不動産を購入する

だからといって新築アパートを進めるわけではありませんが、自分の給与から補てんするくらいの持ち出しになる可能性は低いです。

私の好きな不動産投資家の沢孝史先生の著書にも書かれている非常に納得感あるフレーズがあります。

「ホームランは打たずに確実にヒットになる物件を購入する」

そのような方法で不動産投資を拡張していけば負ける(アウト)になることはないそうです。

地方、築古、高利回りはホームランを打てる可能性が高いので魅力を感じます。

自分がヒットで長期間で資産を形成したいのか、ホームランで短期間でキャッシュフローを拡張したいのかを
決めると、不動産投資のイメージもつきやすいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする