配偶者控除廃止でどうなるのか

昨日、配偶者控除が廃止になるという報道がありました。

廃止が決定すれば、「103万円の壁」と言われていたパート主婦の働き方が大きく変わります。

共働き家庭でなければ、実質増税という形になり、いろいろと対策を検討しなくてはなりません。

配偶者控除廃止の影響は

女性の社会進出促進、共働き夫婦への配慮などから数年前から協議されていましたが、本格的に導入されるかもしれません。
しかしながら、子育て優先にしていた専業主婦の家庭には不利な条件になります。
政府も考慮してか、新たなに「夫婦控除」を設けることを検討しているようです。
我が家は、子育て方針から小学校に上がるまでは専業主婦にしています。
配偶者控除は家計に恩恵があるので、議論が出た当初から廃止は反対していました。

専従者給与が出来るなら良い場合も

しかし、不動産投資を2棟購入することになり事業的規模になりました。
 
専従者給与を利用することが出来ます。
もともと専従者給与で給与を支払うことになると、配偶者控除から外れることになります。
 
そのように考えると、配偶者控除の廃止は反対ではなく、夫婦控除ができることでさらに税制上ありがたい施策です。
 
不動産投資をしなければ、単に配偶者控除を反対していたか、もしくは全く興味を持っていなかったかもしれません。
 
不動産投資に限りませんが、税金を興味を持って理解することは、とても大事なことだと改めて思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする