「家賃保証アパート」だけが不動産投資ではない

ヤフーニュースに、家賃保証アパートの問題が掲載されました。ここ最近は定期的に「家賃保証=サブリース」が取り上げられています。

サブリースが必要なアパートはそもそも課題がある

私が所有しているアパートではサブリースの契約メニューもありましたが、申し込みはしませんでした。
新築だからというわけではいないですが、場所、設備仕様から競争力があるので、しばらくは問題ないと思い、提供してくれたアパート会社と相談のうえ決定しました。

今回の問題となっている土地は、主に地方の地主(農地などがまだある土地)相手へ、大手の賃貸アパート施工会社による 取引が課題になっています。

場所も一般的な住居地域ではなく、設備も従来のアパートにありそうな一般的な競争力のないモノなので客付けには苦労する物件だと思います。

数年後は賃貸収支は合わない可能性が高い物件なので、オーナーが安心するためにサブリースを設定せざるを負えないものだと思います。

ここは大手の賃貸アパート施工会社の手法に課題があったのだと思います。
(過去にある大手アパート会社と仕事をした経験があるのですが、非常に体育会系の規律の厳しい会社でした)

不動産投資は悪い投資なのか

私は日々考えている不動産投資とは一線を画す内容ではあります。

今回はサブリースだけの話ですが、不動産投資自体を否定するような傾向があります。
好ましくない状況ではありますが、事実なので仕方ありません。

私も初心者ながら区分マンションを数年前から開始しましたが、デメリットが先行する投資ではなく、内容さえ間違えなければ、安定した投資だと思います。

むしろ株式投資のほうが不安定だと思っているのですが、一般的になっており、今回のサブリース問題のような否定的な論調ではないほうが不思議に感じます。

まだまだ可能性がある不動産投資

不動産投資は、まだまだバリエーションがあります。

「戸建」「テナントビル」「海外不動産」や「駐車場」など従来のアパート投資以外でも成功を収めている方々もいらっしゃいます。

地方の家賃保証アパートだけでなく、いろいろな可能性を検討していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする