仕様が時代要件を満たしていない新築アパート

先日、ある不動産会社から新築アパートの提案書が来ました。
場所は神奈川県川崎市で表面利回りが8%を超える物件で、数字上はまずますの内容です。

アパート仕様が時代要件を満たしていない

ただしアパート仕様に魅力がありません。
一言で言えば時代遅れ的な内容です。(これが標準といえば仕方がないですが、、、)

・総戸数8戸
・2階ロフト付き
・浴室乾燥機付き
・バス・トイレ別

・建物10年保証付

ここまでは一般的な感じですが、設備関連が見劣りします。

・ミニキッチン(1口電気コンロ)
→お湯しか沸かせない仕様です。調理ができるスペックではありません。

・2点式ユニットバス(浴室・洗面台)
→今のトレンドでは独立洗面台が望ましいです
・カラーTVドアホン

→セキュリティ的に考慮されているようですが、現在のアパート仕様ではオートロックも標準化されつつあります。

新築なので数年は客付けができると思いますが、長期間でみれば一時代前のスペックかと思います。

もはや寝るだけの部屋なのか

土地面積に対して部屋数が多いです。図面がなかったのですがおそらく一部屋15㎡も満たないと思います。
15㎡となるとベッドと小さなテーブルを置けばほとんどスペースがありません、、

2階のロフトスペースがあるので、まだ余裕があるかもしれませんが1階は厳しいかと思います。
都内アパートの主流ですが、部屋数を増やして利回りを高くみせるための手段です。
土地が高いので仕方がない物件仕様ですがもはや寝るだけの部屋になってしまいます。

設備仕様がトレンドに合致しているか重要

新築アパートだからといってすべてが良いとは限りません。
昔ながらの設備仕様のアパートだと長期間での運営が厳しくなります。

賃借人のニーズにあったアパートを選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする