中古物件を購入する際の重要なポイントとは

新築アパートで購入を進めたいのですが、全体的に物件数が少ない感じです。
そうなると中古アパートも不動産投資の対象になってきます。
(それでも、中古アパートを購入する意思は今のところありませんが、、、)

中古物件を購入する際のポイントを不動産会社の方に聞きました。

どのタイミングで売られているかを調べる

土地、外観の見た目やレントロールを見ることは基本ですが、中古物件を購入する際には
どのタイミングで売られていたかが重要なポイントになるとのことです。

その情報を見るには「登記簿」をチェックすることです。

この登記簿には所有者の遍歴が記載されています。
遍歴の中で「売買がいつ行われた」が中古物件の評価の基準になるということです。

短期間で売買が行われている(具体的には5年以下)場合は、不良物件になっている可能性があります。

キャピタルゲインを狙えるような物件なら仕方がないですが、不動産投資の基本は賃貸収入によるインカムゲインです。

長期所有が基本になりますが、それでも売却を選択しなくてはいけなくなったのは、何かしらの問題があった可能性があります。

中古物件は10年が目安

10年以上、一人のオーナーが所有しているのであれば、安定していた物件であるという判断もできます。

逆に10年間の間に所有者が3人以上も変わっている物件は要注意です。

中古アパートで利回りが高いという判断で購入したくなるかもしれませんが、物件を売却する背景を確認することはとても重要なことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする